ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju380

古今著聞集 相撲強力第十五

380 鎌倉前右大将家に東八ヶ国うちすぐりたる大力の相撲出で来て・・・

校訂本文

鎌倉前右大将家1)に、東八ヶ国うちすぐりたる大力の相撲出で来て、申していはく、「当時、長居(ながゐ)に手向ひすべき人覚え候はず。畠山庄司二郎2)ばかりぞ心にくう候ふ。それとても、長居をばたやすくは、いかでか引きはたらかし侍らん」と言葉もはばからず言ひけり。

大将聞き給ひて、いやましう3)思ひ給ひたる折節、重忠 出で来たりけり。白水干に葛袴、黄なる衣(きぬ)をぞ4)着たりける。侍に大名・小名所もなく居並みたる中を分けて、座上にひしと居たりけり。大将、「なほ近く、それへ、それへ」とありけれども、かしこまりて侍りけり。

さて、物語して、「そもそも所望のことの候ふを、申し出ださむと思ふが、『さだめて不許にぞ侍らむずらむ』と思ひ給ひながら、また、ただにやまむも忍びがたくて、思ひわづらひたる」と、のたまはせければ、重忠、とかく申すことはなくて、かしこまりて聞きゐたりけり。このこと、たびたびになりける時、重忠、ちと居直りて、「君の御大事、何事にて候ふとも、いかでか子細を申し候はん」と言ひたりければ、大将、入興(じゆきよう)し給ひて、「その庭に長居めが候ふぞ。貴殿と手合はせをしてこころみばやと申し候ふなり。東八ヶ国うち勝(まさ)りたる5)よし、自称つかまつる、ねたましう覚え候へば、『頼朝なりとも出でてこころみばや』と思ひ給へども、とりわきそこを手乞ひ申すぞ。こころみ給へ」と、のたまはせければ、重忠、存外げに思ひて、いよいよ深くかしこまりて、言ふことなし。

大将、「さればこそ、これは身ながらも、非愛(ひあい)のことにて候ふ。さりながらも、わが所望このことにあり」と侍りける時、重忠、座を立ちて、閑所(かんじよ)へ行きて、くくりすべ、烏帽子かけなどしてけり。長居は庭に床子(しやうじ)に尻かけて候ひける。それも立ちて、褌(たふさぎ)かきてねり出でてたり。まことにその体(てい)、力士6)のごとくに見えければ、「畠山もいかが」とぞ覚えける。

さて寄り合ひたりけるに手合せして、長居、畠山が小首を強く打ちて、袴の前腰を取らんとしけるを、畠山、左右の肩をひしと押さへて近付けず。かくてほど経(へ)ければ、景時7)、「今はことがら御覧候ひぬ。さやうにてや候ふべかるらん」と申しけるを、大将、「いかにさるやうはあらん。勝負あるべし」とのたまはせ果てねば、長居を尻居(しりゐ)にへしすゑてけり。やがて死に入りて、足を踏みそらしければ、人々寄りて、押しかがめてかき出だしにけり。

重忠は座に帰り着くこともなく、一言も言ふことなくて、やがて出でにけり。長居はそれより肩の骨砕けて、かたはものになりて、相撲取ることもなかりけり。骨をとりひしぎにけるにこそ。目驚きたることなり。

翻刻

鎌倉前右大将家に東八ヶ国うちすくりたる/s278r
大力の相撲出来て申云当時長居(なかゐ)に手向ひす
へき人おほえ候はす畠山庄司二郎はかりそ心に
くう候それとてもなかゐをはたやすくはいかてかひ
きはたらかし侍らんと詞も憚からすいひけり大将聞
給ていやましう(此事ねたましうイ)思ひたまひたる折ふし重忠
出来たりけり白水干に葛袴黄なる衣を
をそ著たりける侍に大名小名所もなく居
なみたる中をわけて座上にひしと居たりけ
り大将なをちかくそれへそれへとありけれともかしこ
まりて侍けりさて物かたりして抑々所望の事
の候を申出さむと思ふかさためて不許にそ/s278l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/278

侍らむすらむとおもひたまひなから又たたにやまむ
も忍かたくておもひわつらひたるとのたまはせ
けれは重忠とかく申事はなくて畏て聞
ゐたりけり此事たひたひになりける時重忠
ちと居なをりて君の御大事何事にて候と
もいかてか子細を申候はんといひたりけれは大将入
興し給てその庭になかゐめか候そ貴殿と
手合をして心見はやと申候也東八ヶ国打勝り
りたるよし自称仕まつるねたましうおほえ候へは
頼朝なりともいてて心見はやと思給へともとり
わきそこをてこひ申そ心み給へとのたまはせ/s279r
けれは重忠存外けに思ていよいよふかく畏てい
ふ事なし大将されはこそ是は身なからもひあいの
事にて候さりなからも我所望此事にありと侍
ける時重忠座をたちて閑所へ行てくくりすへ
烏帽子かけなとしてけり長居は庭に床子に尻かけて
候けるそれもたちてたうさきかきてねり出てた
りまことにその体力士のことくに見えけれは畠
山もいかかとそおほえけるさて寄合たりけるに
手合してなかゐ畠山かこくひをつよく打て袴
の前腰をとらんとしけるを畠山左右の肩を
ひしとおさへてちかつけすかくて程へけれは景/s279l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/279

時いまは事から御覧候ぬさやうにてや候へかるらん
と申けるを大将いかにさるやうはあらん勝負あるへ
しとのたまはせはてねは長居をしり居にへし
すゑてけりやかて死入て足をふみそらしけ
れは人々よりておしかかめてかき出しにけり
重忠は座に帰著事もなく一言もいふ事なく
てやかて出にけりなかゐはそれより肩の骨く
たけてかたわ物になりてすまゐとる事も
なかりけり骨をとりひしきにけるにこそ目
おとろきたる事なり/s280r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/280

1)
源頼朝
2)
畠山重忠
3)
底本「此事ねたましうイ」と傍書。
4)
「をぞ」は底本「ををそ」。諸本により訂正。
5)
「うち勝りたる」は底本「打勝りりたる」。諸本により訂正。
6)
金剛力士
7)
梶原景時


text/chomonju/s_chomonju380.txt · 最終更新: 2020/05/10 18:25 by Satoshi Nakagawa