ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju378

古今著聞集 相撲強力第十五

378 宇治左府随身公春を不便なる者に思し召したること・・・

校訂本文

宇治左府1)、随身公春2)を不便(ふびん)なる者に思し召したること、めだたしきほどのことなり。

ある時、いかなることかありけむ、みづから公春打たんとせさせ給ひけるに、公春、大臣(おとど)の御手を取りて、「もし打たせ給はば、御手を折るべし。君といふとも、いかでか打たせ給ふべき」と申しければ、大臣、罪を乞はせ給ひて、逃れ給ひにけり。公春、笑ひて申しけるは、「もし十人といふとも、公春一人に当たり給ふべからず。今より後も、かかることなせさせ給ひそ3)」と申しければ、大臣、承諾せさせ給ひけり。

それより御勘当なかりけり。公春は大力にてなむ侍りけり。

翻刻

宇治左府随身公春を不便なる物に思食たる
事めたたしきほとの事なりある時如何なる事
かありけむ身つから公春うたんとせさせ給けるに
公春おととの御手をとりてもしうたせ給はは御
手を折へし君といふともいかてかうたせ給へき
と申けれはおとと罪をこはせ給てのかれた
まひにけり公春わらひて申けるは若十人とい
ふとも公春一人にあたり給へからす今より後もか
かる事なせさせ給にと申けれはおとと承諾
せさせ給けりそれより御勘当なかりけり公春
は大力にてなむ侍けり/s277r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/277

1)
藤原頼長
2)
秦公春
3)
「給ひそ」は底本「給に」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju378.txt · 最終更新: 2020/05/09 21:30 by Satoshi Nakagawa