ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju377

古今著聞集 相撲強力第十五

377 佐伯氏長初めて相撲の節に召されて越前国より上りける時・・・

校訂本文

佐伯氏長、初めて相撲の節(せち)に召されて、越前国より上(のぼ)りける時、近江国高島郡石橋を過ぎ侍りけるに、清げなる女の、川の水を汲みて、みづからいただきて行く女ありけり。氏長きと見るに、心動きて、ただにうち過ぐべき心地せざりければ、馬より下りて、女の桶とらへたる腕(かひな)のもとへ手をさしやりたりけるに、女うち笑ひて、少しももて離れたる気色もなかりければ、いといとわりなく覚え取りて、腕をひしと握りたりける時、桶をばはづして、氏長が手を脇に挟みてけり。氏長、興ありて思ふほどに、やや久しくなれども、いかにもこの手を放たざりけり。引き抜かんとすれば、いとど強く挟みて、少しも引き放つべくもなければ、力及ばずして、おめおめと女の行くにしたがひて行くに、女、家に入りぬ。

水うち置きて後、手をはづして、うち笑ひて、「さるにても、いかなる人にて、かくはし給へるぞ」といふ気色、ことがら、近(ちか)まさりして、たへがたく覚えけり。「われは越前国の者なり。相撲の節といふことありて、力強き者を国々より召さるる中に入りて参るなり」と語らふを聞きて、女、うなづきて、「危なきことにこそ侍るなれ。王城は広ければ、世にすぐれたらん大力も侍らん。御身も、いたくのかひなしにてはなけれども、さほどの大事に逢ふべき器にはあらず。かく見参しそむるも、しかるべきことなり。かの節の期(ご)、日はるかならば、ここに三七日逗留し給へ。そのほどに、ちと取り飼ひ奉らむ」と言へば、「日数もありけり、苦しからじ」と思ひて、心のとどまるままに、言ふにしたがひてとどまりにけり。

その夜より、こはき飯を多くして食はせけり。女、みづからその飯を握りて食はするに、少しも食ひ割られざりけり。始めの七日は、すべてえ食ひ割らざりけるが、次の七日よりは、やうやう食ひ割られけり。第三七日よりぞ、うるはしうは食ひける。かく三七日が間、よくいたはりやしなひて、「今はとく上り給へ。このうへはさりともとこそ覚ゆれ」と言ひて上せけり。いとめづらかなることなりかし。

件(くだん)の高島の大井子(おほゐこ)は、田など多く持ちたりけり。田に水まかするころ、村人、水を論じて、とかく争ひて、大井子が田には当て付けざりける時、大井子、夜に隠れて、面(おもて)の広さ六・七尺ばかりなる石の、四方なるを持て来たりて、かの水口に置きて、人の田へ行く水をせきて、わが田へ行くやうに横ざまに置きてければ、水思ふさまにせかれて、田うるほひにけり。

その朝、村人ども見て、驚きあさむことかぎりなし。「石を引きのけむとすれば、百人ばかりしてもかなふべからず。させば田みな踏み損ぜられぬべし。いかがせむずる」とて、村人、大井子に降(かう)を乞ひて、「今より後は思し召さむほど、水をばまかせ侍るべし。この石のけ給へ」と言ひければ、「さぞ覚ゆる」とて、また夜に隠れて引きのけてけり。その後は長く水論する1)ことなくて、田焼くることなかりけり。

これぞ大井子が力あらはしそむる始めなりける。件の石、大井子が水口石とて、かの郡(こほり)にいまだ侍り。(私に云く、大井子は何様なる者とも見えず。これを尋ぬべし。)

翻刻

佐伯氏長はしめて相撲の節にめされて越前国
よりのほりける時近江国高嶋郡石橋を過侍ける
にきよけなる女の河の水を汲て身つからいたたきて
行女ありけり氏長きと見るに心うこきてたたに
うち過へき心ちせさりけれは馬より下て女の桶と
らへたるかひなのもとへ手をさしやりたりけるに女う
ち咲てすこしももてはなれたるけしきもなかりけれは
いといとわりなく覚取てかいなをひしとにきりたり/s274l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/274

ける時桶をははつして氏長か手を脇にはさみて
けり氏長興ありておもふほとに良久しくなれ共
いかにもこの手をはなたさりけりひきぬかんとすれは
いととつよくはさみてすこしも引はなつへくもな
けれは力をよはすしておめおめと女の行にしたかひ
てゆくに女家に入ぬ水うちをきてのち手をはつ
してうちわらひてさるにてもいかなる人にてかくは
したまへるそといふけしき事からちかまさりして
たへかたく覚けりわれは越前国の者也相撲の節
といふ事ありて力つよき物を国々よりめさるる
中に入てまいるなりとかたらふを聞て女うなつ/s275r
きてあふなき事にこそ侍なれ王城はひろけれは
世にすくれたらん大力も侍らん御身もいたく
のかひなしにてはなけれともさ程の大事に逢へき
器にはあらすかく見参しそむるも可然事也彼節
の期日はるかならはここに三七日逗留し給へ其
程にちととりかひたてまつらむといへは日数も
ありけりくるしからしとおもひて心のととまるま
まにいふにしたかひてととまりにけりその夜よ
りこはき飯をおほくしてくはせけり女身つから其
飯をにきりてくはするにすこしもくひわられさりけり
はしめの七日はすへてゑくひわらさりけるか次の/s275l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/275

七日よりはやうやうくひわられけり第三七日よりそ
うるはしうはくひけるかく三七日か間よくいたはりや
しなひていまはとくのほり給へ此うへはさりともと
こそおほゆれといひてのほせけりいとめつらか
なる事なりかし件高嶋のおほ井子は田なと
おほくもちたりけり田に水まかする比村人水を
論してとかくあらそひておほ井子か田にはあて
つけさりける時おほ井子夜にかくれておもての
ひろさ六七尺はかりなる石の四方なるをもて来
りて彼水口にをきて人の田へ行水をせきて
我田へゆくやうによこさまにをきてけれは水/s276r
おもふさまにせかれて田うるおひにけり其朝
村人ともみて驚あさむ事かきりなし石を引
のけむとすれは百人はかりしてもかなふへからすさせ
は田みなふみそむせられぬへしいかかせむする
とて村人おほ井子に降をこいて今より後はお
ほしめさむ程水をはまかせ侍へし此石のけ給へ
といひけれはさそおほゆるとて又夜にかくれて
引のけてけり其後はなかく水論もる事なくて
田やくる事なかりけりこれそ大井子か力あらはし
そむるはしめ成ける件石おほ井こか水口石とて
かのこほりにいまた侍り(私云大井子は何様なる/物とも不見可尋之)/s276l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/276

1)
「する」は底本「もる」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju377.txt · 最終更新: 2020/05/09 21:11 by Satoshi Nakagawa