ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju370

古今著聞集 相撲強力第十五

370(序) 相撲は最手占手あるいは左あるいは右・・・

校訂本文

相撲は、最手(ほて)・占手(うらて)、あるいは左、あるいは右、みな強力の致すところなりといへども、また取手のあひ遮ることあるにや。昔は禁中にてその節(せち)を行なはれ、諸国に強力の者を尋ね召されけり。

安元(高倉1))より以来絶えて、その名のみ聞く。口惜しきことなり。

翻刻

  相撲強力第十五
相撲は最手占手或は左或は右皆強力之致所也と
いへとも又取手の相遮事あるにや昔は禁中にて
其節をおこなはれ諸国に強力の物を尋めされけり
(高倉)安元より以来絶て其名のみきく口惜事也/s271l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/271

1)
高倉天皇


text/chomonju/s_chomonju370.txt · 最終更新: 2020/05/07 17:05 by Satoshi Nakagawa