ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju360

古今著聞集 馬芸第十四

360 承安元年小五月会にて侍りけるにや秦公景下野敦景・・・

校訂本文

承安元年、小五月会(こさつきゑ)にて侍りけるにや、秦公景(公正子)・下野敦景(敦則子)合はせられたりけるに、公景はまうけ上手、敦景は追ひ上手なりければ、案のごとく敦景追ひて、取組みて馬場末まで通りにけり。ともに興ありければ、両人召されにけり。

公景は、もとより院の召次所(めしつぎどころ)に候ひけり。敦景、叡感のあまりに、次の日召次所に候ふべきよし、大宮大納言隆季卿1)の奉行にて仰せ下されけり。

公景、このことを聞きて、院の中門に、主典代・庁官などが候ひける中にて、「まことにや、敦景、公景に持(ぢ)したりとて、御所へ召され侍るなり。公景に勝ちたらん者は、いかほどの目にかあふべき」と言ひたりける。いと興ある申しごとなり。

翻刻

承安元年小五月会にて侍けるにや秦公景(公正子)下野敦
景(敦則子)あはせられたりけるに公景はまうけ上手敦
景はおい上手なりけれは案のことく敦景追
てとりくみて馬場末まてとほりにけりともに興あ
りけれは両人めされにけり公景はもとより院の召次所
に候けり敦景叡感のあまりに次日召次所に候へき
よし大宮大納言隆季卿の奉行にて仰下されけり
公景此事をききて院の中門に主典代庁官なとか/s262l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/262

候ける中にて誠にや敦景公景に持したりとて御所へ
めされ侍る也公景に勝たらん者はいか程のめにか
あふへきといひたりけるいと興ある申事也/s263r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/263

1)
藤原隆季


text/chomonju/s_chomonju360.txt · 最終更新: 2020/05/03 12:59 by Satoshi Nakagawa