ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju355

古今著聞集 馬芸第十四

355 寛治五年五月二十七日二条大路にて放ち飼ひしける馬を取りて・・・

校訂本文

寛治五年五月二十七日、二条大路にて、放ち飼ひしける馬を取りて、移(うつ)しを置きて、競馬六番ありける。殿上人ぞつかうまつりける。東の陣の前より、西の中門に向けてぞ馳せける。主上1)、太鼓を打たせ給ひける。

たはぶれごとなれども、めづらしかりけることなり。

翻刻

寛治五年五月廿七日二条大路にてはなちかひしける
馬を取て移を置て競馬六番ありける殿上人
そつかうまつりける東の陣の前より西の中門にむけ
てそ馳ける主上太鼓を打せ給けるたはふれ事な
れともめつらしかりける事也/s260r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/260

1)
堀河天皇


text/chomonju/s_chomonju355.txt · 最終更新: 2020/04/30 13:11 by Satoshi Nakagawa