ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju346

古今著聞集 弓箭第十三

346 寛治八年八月三日滝口大極殿にて賭弓のことありけり・・・

校訂本文

寛治八年八月三日、滝口、大極殿にて賭弓(のりゆみ)のことありけり。前の方は退紅(たいこう)の狩衣をぞ着たりける。後は心にませたりけり。故人等も催しありければ、公清卿等、衣冠にて参りたりけり。

七双果てて、虎皮を懸物(かけもの)にて、一度射させられたりけるに、当たらざりける、本意なかりけることなり。

翻刻

寛治八年八月三日瀧口大極殿にて賭弓事あり
けり前の方は退紅の狩衣をそ着たりける後は
心にませたりけり故人等も催ありけれは公清卿等衣
冠にて参たりけり七双はてて虎皮を懸物にて一度
射させられたりけるにあたらさりける本意なかりける事也/s254l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/254



text/chomonju/s_chomonju346.txt · 最終更新: 2020/04/27 16:09 by Satoshi Nakagawa