ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju345

古今著聞集 弓箭第十三

345 長暦二年三月十七日殿上人十余人野宮へ参りたりけるに・・・

校訂本文

長暦二年三月十七日、殿上人十余人、野宮(ののみや)へ参りたりけるに、御殿の東の庭に畳を敷きて、小弓の会ありけり。また蹴鞠もありけり。夕べに及びて膳を勧められける間、簾中より管絃の御調度を出だされたりければ、すなはち糸竹・雑芸(ざふげい)の興もありけり。また和歌もありけるとかや。

昔はかく期せざることも、やさしく面白きこと、常のことなりけり。いみじかりける世なり。

翻刻

長暦二年三月十七日殿上人十余人野宮へ参り/s254r
たりけるに御殿東庭に畳を敷て小弓の会あり
けり又蹴鞠もありけり夕に及て饍をすすめられ
けるあいた簾中より管絃の御調度を出された
りけれは即糸竹雑藝の興もありけり又和歌も有
けるとかや昔はかく期せさる事もやさしく面白き
事常の事なりけりいみしかりける世なり/s254l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/254



text/chomonju/s_chomonju345.txt · 最終更新: 2020/04/27 15:50 by Satoshi Nakagawa