ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju342

古今著聞集 武勇第十二

342 承久三年の乱れに宇津宮越中前司頼業いまだ無官なりけるが・・・

校訂本文

承久三年の乱れに宇津宮越中前司頼業1)、いまだ無官なりけるが、宇治川を渡すとて、押し流されて、水の底へ入りたりけるに、石にかきつきて、鎧を脱がんとしけるが、上帯しめて解けざりければ、引ちぎりて脱ぎて、泳ぎ上がりたりけり。

さしも速き川の底にて、かく振舞ひたりける。ゆゆしきことなりけり。水練なりけり。

翻刻

承久三年のみたれに宇津宮越中前司頼業未
無官なりけるか宇治川をわたすとておしなかされて
水の底へ入たりけるに石にかき付て鎧をぬかんとし
けるか上帯しめてとけさりけれは引ちきりてぬ
きておよきあかりたりけりさしもはやき河の
底にてかく振舞たりけるゆゆしき事なりけり
水練成けり/s253l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/253

1)
横田頼業


text/chomonju/s_chomonju342.txt · 最終更新: 2020/04/27 12:12 by Satoshi Nakagawa