ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju340

古今著聞集 武勇第十二

340 九郎判官義経右大将の勘気の間都を落ちて西国の方へ行きける時・・・

校訂本文

九郎判官義経1)、右大将2)の勘気の間、都を落ちて西国の方へ行きける時、渡部の緩・源次馬允番3)のもとによりて、ことのよしを言ひければ、番、あはれみて見送りけり。後に4)そのこと聞こえて、番、関東へ召されて、梶原5)にあづけられにけり。十二年まて置かれたりけるに、番、毎日に髻(もとどり)を取りて、「今日や斬られんずらむと」ぞ侍りける。

さるほどに、右大将、高麗国を責めし時の追討使に、天野の式部大夫遠景6)向ひけり。大将家のきりものにて、次官藤内(すけのとうない)といはれし藤内はこれなり。西国九国を知行の間、その勢ひいかめし。高麗国うちしなへて上洛の時、渡部にて、番が妹にとつぎにけり。あひ具して関東に下向しければ、番が親類・郎等ども、悦びをなして、「さりとも今は、馬殿7)の召し籠めは許(ゆ)り給ひなむ」と悦びあへりけり。遠景も、「宿縁浅からず。この上は、かの御気色におきては、いかにも申し許すべし。御承引なくは、遠景申あづかるべし」と言ひければ、いよいよ悦ぶことかぎりなし。

さて、関東に下り着きて、いつしか使を番がもとへつかはして言ひけるは、「思ひがけず、かく侍るゆかりになり参らせて候ふ。今におきては、ひとへに親ともたのみ奉るべし。内外につきて疎略を存ずべからず」と言ひやりけり。

番、多年の召人(めしうど)にて、「今日斬らるべし、今日斬らるべし」と言ひて、十余年に及びけれども、方人(かたうど)一人もなければ、申しなだむる者なし。たまたまかかる縁出で来たることは、いかばかりかは嬉しかるべきに、番が言ひけるは、「弓矢とる身の、かかる目にあひて召し籠めにあづかる、恥にてあらず。さこそ無縁の身なれども、あながちにそのぬし、乞ひ願ふべき聟にあらず」とて、返事に言ひけるは、「悦びて承りぬ。まことに傍輩(はうばい)として申し奉らんこと、もつとも本意候ふ。親しくならせ給ふのよしのこと、存知しがたく候ふ。番は独身(ひとりみ)の者にて候へば、御ゆかりになり参らす8)べきこと候はず」と、荒らかに言ひたりければ、遠景、おほきに憤り、やすからぬことに思ひて、ともすれは大将に、「番は極めたる痴れ者にて候ふ。いかにも、なほ悪しきことし出ださむずる者にて候ふ。放ちたてらるまじきなり」と申しければ、いよいよ重くなりまさりにけり。されども番は、少しもいたまず、「男(をのこ)の身は、いついかなるべしとても、人悪(わろ)かるべきことはなし」とて、ものともせざりけり。

かかるほどに、大将、康衡9)を討つとて、奥責めを思ひ立ちて、兵(つはもの)をそろへらるべきこと出で来にけり。その時、番を召してのたまひけるは、「なんぢをとうにいとまとらすべかりしかども、この大事を思ひて、今日まで生けておきたるなり。身の安否(あんぷ)は10)、このたびの合戦によるべし」とて、鎧・馬・鞍など賜はりければ、かしこみ悦びて向ひけり。

まことに身命を惜しまず、ゆゆしかりければ、勘気ゆりて、本領返し給ひて、ふたたび旧里に帰りき。

この番は無双の手ききにて侍りけり。渡部にてしかるべき客人の来たりける時、鯉はぜをしけるには、矢をたばさみて、をどる鯉を一つも外さで射けり。網に入るには漏るる方も多し。それは一つも漏らさず射とどめければ、みな人目を驚かしけり。

翻刻

九郎判官義経右大将の勘気の間都を落て
西国の方へ行ける時渡部の緩源次馬允番(ツカウ)も
とによりて事のよしをいひけれはつかふ/s250r
あはれみて見おくりけり緩に其事きこえて
番関東へめされて梶原にあつけられにけり十二
年まておかれたりけるに番毎日に本鳥を取て
今日やきられんすらむとそ侍けるさる程に右大
将高麗国を責し時の追討使にあま野の
式部大夫遠景向けり大将家のきり物にて
次官藤内といはれし藤内は是也西国九国を
知行之間其いきをひいかめし高麗国うち
しなへて上洛の時渡部にて番か妹にとつ
きにけり相具して関東に下向しけれは番か親
類郎等とも悦をなしてさりとも今は馬殿の/s250l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/250

召籠はゆり給なむと悦あへりけり遠景も
宿縁あさからすこのうへは彼御気色におきては
いかにも申ゆるすへし御承引なくは遠景
申あつかるへしといひけれはいよいよ悦事
かきりなしさて関東にくたり付ていつしか
使を番かもとへ遣ていひけるは思かけすかく
侍ゆかりになりまいらせて候今におきてはひと
へに親とも憑奉るへし内外に付て疎略を
存すへからすといひやりけり番多年の召
人にて今日きらるへし今日きらるへしといひて十余年
に及けれともかたう人一人もなけれは申/s251r
なたむる物なしたまたまかかる縁出来事は
何許かはうれしかるへきに番かいひけるは
弓矢とる身のかかる目に相て召籠に預る
恥にてあらすさこそ無縁の身なれともあなかちに
そのぬしこひねかふへき聟にあらすとて返事に
いひけるは悦て奉ぬ誠に傍輩として申奉らん
事尤本意候したしくならせ給之由のこと 存
知しかたく候番は独身の物にて候へは御ゆかり
になりまいらせへき事候はすとあららかにいひ
たりけれは遠景おほきにいきとほりやすから
ぬ事に思てともすれは大将に番は極たるし/s251l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/251

れ物にて候何にもなをあしき事しいたさむする
物にて候はなちたてらるましきなりと申しけ
れはいよいよおもく成まさりにけりされとも番は
すこしもいたますおのこの身はいついかなる
へしとても人わろかるへき事はなしとて物
ともせさりけりかかるほとに大将康衡を打
とて奥責を思たちて兵をそろへらるへき
事出来にけり其時番を召てのたまひ
けるは汝をとうにいとまとらすへかりしか
とも此大事を思て今日まていけておきたる
也身の安否はこの安否はこのたひの合戦によるへし/s252r
とて鎧馬鞍なと給りけれは畏悦て向けり実
に身命をおしますゆゆしかりけれは勘気ゆりて
本領返し給て二度旧里に帰き此番は無双
の手ききにて侍りけり渡部にてしかるへ
き客人のきたりける時鯉はせをしけるには
箭をたはさみておとる鯉を一もはつさて射
けり網に入にはもるる方もおほしそれは
一ももらさすいととめけれは皆人目を驚かしけり/s252l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/252

1)
源義経
2)
源頼朝
3)
源番(つがふ)・渡辺番・渡部番。底本「番」に「ツカウ」と傍書。
4)
「後に」は底本「緩に」。諸本により訂正。
5)
梶原景時
6)
天野遠景
7)
8)
「参らす」は底本「まいらせ」。諸本により訂正。
9)
藤原泰衡
10)
「身の安否は」は底本「身の安否はこの安否は」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju340.txt · 最終更新: 2020/04/26 22:39 by Satoshi Nakagawa