ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju336

古今著聞集 武勇第十二

336 伊予守源頼義朝臣貞任宗任等を攻むる間・・・

校訂本文

伊予守源頼義朝臣、貞任1)・宗任2)等を攻むる間、陸奥に十二年の春秋を送りけり。

鎮守府を立ちて、秋田城に移りけるに、雪はだれに降りて、軍(いくさ)の男(をのこ)どもの鎧(よろひ)みな白妙(しろたへ)になりにけり。衣川の館、岸高く川ありければ、楯をいただきて甲(かぶと)に重ね、筏(いかだ)を組みて責め戦ふに、貞任等耐へずして、つひに城の後ろより逃れ落ちけるを、一男八幡太郎義家3)、衣川に追ひ立て攻め伏せて、「きたなくも後ろをば見するものかな。しばし引き返せ。もの言はん」と、4)言はれたりければ、貞任、見返りたりけるに、

  衣のたてはほころびにけり

と言へりけり。

貞任、轡(くつばみ)をやすらへ、錣(しころ)を振り向けて、

  年を経しいとの乱れの苦しさに

と付けたりけり。その時義家、はげたる矢をさし外して、帰りにけり。

さばかりの戦ひの中に、やさしかりけることかな。

翻刻

伊与守源頼義朝臣貞任宗任等をせむる間陸奥
に十二年の春秋をおくりけり鎮守府をたちて
秋田城にうつりけるに雪はたれにふりて軍のおのこ
ともの鎧みな白妙に成にけり衣河の館岸高く川
ありけれは楯をいたたきて甲にかさね筏をくみて
責戦に貞任等たへすしてつゐに城の後よりのかれ/s245l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/245

おちけるを一男八幡太郎義家衣河においたて
せめふせてきたなくもうしろをは見する物哉しはし
引かへせ物いはんといはんといはれたりけれは貞任見
返たりけるに
 衣のたてはほころひにけり
といへりけり貞任くつはみをやすらへしころをふ
りむけて
 年をへし糸のみたれのくるしさに
と付たりけり其時義家はけたる箭をさしはつし
て帰にけりさはかりのたたかひの中にやさしかりけ
る事哉/s246r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/246

1)
安倍貞任
2)
安倍宗任
3)
源義家
4)
「もの言はんと」は底本、「物いはんといはんと」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju336.txt · 最終更新: 2020/04/24 22:52 by Satoshi Nakagawa