ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju323

古今著聞集 好色第十一

323 紫金台寺の御室に千手といふ御寵童ありけり・・・

校訂本文

紫金台寺1)の御室2)に、千手といふ御寵童ありけり。見目(みめ)よく心ざま優(いう)なりけり。笛を吹き今様など歌ひければ、御いとほしみはなはだしかりけるほどに、また三河といふ童、初参(うひざん)したりけり。箏弾き歌詠み侍りけり。これもまた寵ありて、千手がきら3)少し劣りければ、面目なしとや思ひけん、退出して久しく参らざりけり。

ある日、酒宴のことありて、さまざまの御遊びありけるに、御弟子の守覚法親王4)などもその座におはしましけり。「千手は、など候はぬやらん。召して笛吹かせ、今様など歌はせ候はばや」と申させ給ひければ、すなはち御使をつかはして召されたるに、「このほど所労(しよらう)のこと候ふ」とて参らざりけり。御使、再三に及びければ、さのみは子細申しがたくて参りにけり。顕紋紗(けんもさ)の両面の水干に、袖にむばらこきに雀のゐたるをぞ縫ひたりける。紫の裾濃(すそご)の袴(はかま)を着たり。ことに鮮かにさうぞき5)たれども、ものを思はれたる気色あらはにて、しめりかへりてぞ見えける。

御室の御前に、御盃おさへられたる折にてありければ、人々、千手に今様を勧めければ、

  過去無数の諸仏にも 捨てられたるをはいかがせん

  現在十方の浄土にも 往生すべき心なし

  たとひ罪業重くとも 引摂(いんぜふ)し給へ弥陀仏

とぞ歌ひける。諸仏に捨てらるる所をば、少しかすかなるやうにぞ言ひける。思ひ余れる心の色あらはれて、あはれなりければ、聞く人、みな涙を流しけり。

興宴の座もことさめて、しめりかへりければ、御室は耐へかねさせ給ひて、千手を抱(いだ)かせ給ひて、御寝所に入御ありけり。満座、いみじがり、ののしりけるほどに、その夜も明けぬ。

御室、御寝所を御覧じければ、紅の薄様の重なりたるを引き破(や)りて、歌を書きて、御枕屏風に押し付けたりける、

  尋ぬべき君ならませばつけてまし入りぬる山の名をばそれとも

あやしくて、よくよく御覧らんじければ、三河が手なりけり。

今様にめでさせ給ひて、また古きに移る御心の花を見て、かく詠み侍りけるにこそ。さて、御尋ねありければ、行く方を知らずなりにけり。高野にのぼりて法師になりにけるとかや聞こえけり。

翻刻

紫金堂寺御室に千手といふ御寵童ありけりみめ
よく心さまゆふなりけり笛をふき今様なとうたひけ
れは御いとをしみ甚しかりけるほとに又参川といふ
童初参したりけり箏ひき哥よみ侍りけりこれも
又寵ありて千手かきえすこしおとりけれは面目なし/s223r
とや思けん退出して久しくまいらさりけり或日酒宴
の事ありてさまさまの御あそひありけるに御弟子の
守覚法親王なともその座におはしましけり千手は
なと候はぬやらんめして笛ふかせ今様なとうたはせ候はは
やと申させ給けれは則御使をつかはしてめされたるに
この程所労の事候とてまいらさりけり御使再三に
及けれはさのみは子細申かたくてまいりにけりけんも
さの両面の水干に袖にむはらこきに雀のゐたる
をそ縫たりける紫のすそ濃の袴をきたりことに
あさやかにさそかきたれとも物を思はれたるけしきあらは
にてしめりかへりてそみえける御室の御前に御さかつき/s223l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/223

をさへられたるおりにてありけれは人々千手に今様を
すすめけれは
 過去無数の諸仏にもすてられたるをはいかかせん
 現在十方の浄土にも往生すへき心なしたとひ
 罪業をもくとも引摂し給へ弥陀仏
とそうたひける諸仏に捨らるる所をはすこしかすか
なるやうにそいひける思あまれる心の色あらはれ
てあはれなりけれはきく人みな涙をなかしけり興宴
の座も事さめてしめりかへりけれは御室はたへかね
させ給て千手をいたかせ給て御寝所に入御ありけり
満座いみしかりののしりけるほとに其夜もあけぬ/s224r
御室御寝所を御覧しけれは紅の薄様のかさなり
たるをひきやりて哥をかきて御枕屏風にをし
つけたりける
 尋ぬへき君ならませはつけてまし入ぬる山の名をはそれとも
あやしくてよくよく御らんしけれは参川か手なりけり
今様にめてさせ給て又ふるきにうつる御心の花をみて
かくよみ侍けるにこそさて御たつねありけれは行かたを
しらす成にけり高野にのほりて法師に成にけると
かやきこえけり/s224l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/224

1)
「紫金台寺」は底本「紫金堂寺」。諸本により訂正。
2)
鳥羽天皇皇子覚性法親王
3)
「きら」は底本「きえ」。諸本により訂正。
4)
後白河天皇皇子
5)
「さうぞき」は底本「さそかき」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju323.txt · 最終更新: 2020/04/20 18:12 by Satoshi Nakagawa