ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju317

古今著聞集 好色第十一

317 一条院の御時三条后宮のぼり給ひけるに・・・

校訂本文

一条院1)の御時、三条后宮2)のぼり給ひけるに、御送りの女房、暁に及びてまかり出でけるを、儀同三司3)導き給ひて、

 佳人尽飾於晨粧 佳人尽く晨粧を飾りて

 魏宮鐘動 魏宮に鐘動く

 遊子猶行於残月 遊子なほ残月に行き

 函谷鶏鳴 函谷に鶏鳴く

と詠じ給ひけるに、人みなめであへりけりとぞ。

翻刻

一条院御時三条后宮のほり給けるに御をくりの女房暁
に及てまかり出けるを儀同三司みちひき給て佳人尽/s219r
餝於晨粧魏宮鐘動遊子猶行於残月函谷雞
鳴と詠し給けるに人みなめてあへりけりとそ/s219l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/219

1)
一条天皇
2)
藤原妍子
3)
藤原伊周


text/chomonju/s_chomonju317.txt · 最終更新: 2020/04/18 12:08 by Satoshi Nakagawa