ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju316

古今著聞集 好色第十一

316 中関白馬内侍に忍びて通ひ給ひけるを・・・

校訂本文

中関白1)、馬内侍に忍びて通ひ給ひけるを、父成忠卿2)、うけぬことに思ひけるに、ある時、出で給ひけるを伺ひ見て3)、必ず大臣に至るべき人なりと相(さう)して、その後、許し奉りてけり。

翻刻

中関白馬内侍に忍てかよひ給けるを父成忠卿うけぬ
事に思けるに或時出給けるを伺見をかならす大臣にいたる
へき人也と相して其後ゆるしたてまつりてけり/s219r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/219

1)
藤原道隆
2)
高階成忠。娘は馬内侍ではなく高内侍。
3)
「見て」は底本「見を」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju316.txt · 最終更新: 2020/04/17 21:47 by Satoshi Nakagawa