ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju309

古今著聞集 孝行恩愛第十

309 建春門院は兵部大輔時信が女なり・・・

校訂本文

建春門院1)は兵部大輔時信2)が女(むすめ)なり。小弁とて後白河院3)にさぶらはせ給ひけり。御寵愛ありて、高倉院4)を生み奉らせ給ひてけり。東宮に立たせ給ひて、仁安三年御譲位ありけり。

御即位の日、女院、皇太后宮に立ち給ひて後、朝覲(てうきん)の行幸ありけるに、宮5)、簾中におはしますを、主上6)、拝し参らせさせ給ひけるを、昔、肩を並べ参らせられたりける上臈女房誰(たれ)とかや、宮の御そばへ参りて、「この御めでたきをば、いかが思し召す」と問ひ参らせられければ、「前(さき)の世のことなれば、何とも思えず」とぞ7)仰せられける。ゆゆしかりける御心なるべし。

翻刻

建春門院は兵部大輔時信か女也小弁とて後白河院に
さふらはせ給けり御寵愛ありて高倉院をうみたてまつ
らせ給てけり東宮にたたせ給て仁安三年御譲位ありけり
御即位の日女院皇太后宮に立給て後朝覲の行幸あり
けるに宮簾中にをはしますを主上拝しまいらせさせ給ける
をむかし肩をならへまいらせられたりける上臈女房た
れとかや宮の御そはへまいりて此御めてたきをはいかか/s213r
おほしめすと問まいらせられけれはさきの世の事なれは
何ともおほえすそ仰られけるゆゆしかりける御心なるへし/s213l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/213

1)
平滋子
2)
平時信
3)
後白河天皇
4) , 6)
高倉天皇
5)
建春門院
7)
「とぞ」は底本「と」なし。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju309.txt · 最終更新: 2020/04/16 17:10 by Satoshi Nakagawa