ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju308

古今著聞集 孝行恩愛第十

308 宇治左府の御記に・・・

校訂本文

宇治左府の御記1)に、

頼長初以母賤無寵愛。而及長誦習九経、嗜好五音、不受酒、不事遊戯。是以禅閤2)及予、以為家宝、尊重甚云々。
頼長初め母の賤しきを以て寵愛無し。而るに長ずるに及び九経を誦習し、五音を嗜好し、酒を受けず、遊戯を事とせず。ここを以て禅閤予に及びて、以て家宝と為し、尊重甚し云々。

かかる御おぼえにておはしましける、ゆゆしき御孝養なりし。御母は陸奥守信雅3)女なり。御童名太郎御前とぞ申しける。

久安のころ、法性寺殿4)、摂籙(せつろく)にておはしましけるを、宇治左府に譲り奉るべきよし、知足院殿5)御結構ありけれども、申しゆかざりけり。氏長者には、左府つひになり給ひぬ。内覧の宣旨もかうぶらせ給ひて、ゆゆしかりけり。法性寺殿、御恨み深くて、兄弟の御仲、心よからざりけりとなん。その後、殿下6)・左府、院7)の拝礼に参りあひ給ひたりけり。人目を驚かしけり。

翻刻

宇治左府御記に頼長初以母賤無寵愛而及長誦習九経
嗜好五音不受酒不事遊戯是以禅閤及予以為家
宝尊重甚云々かかる御おほえにてをはしましけるゆゆしき
御孝養なりし御母は陸奥守信雅女也御童名太郎
御前とそ申ける久安の比法性寺殿摂籙にてをはしまし
けるを宇治左府にゆつりたてまつるへきよし知足院殿
御結構ありけれとも申ゆかさりけり氏長者には左府つゐに/s212l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/212

成給ぬ内覧の宣旨もかうふらせ給てゆゆしかりけり法性
寺殿御恨ふかくて兄弟の御中心よからさりけりとなん其後
殿下左府院の拝礼にまいりあひ給たりけり人
目をおとろかしけり/s213r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/213

1)
藤原頼長の日記『台記』
2)
頼長の父、藤原忠実
3)
源信雅。ただし、頼長の母は藤原盛実の女。信雅女は頼長の妻。
4) , 6)
藤原忠通
5)
藤原忠実
7)
鳥羽上皇


text/chomonju/s_chomonju308.txt · 最終更新: 2020/04/15 17:40 by Satoshi Nakagawa