ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju307

古今著聞集 孝行恩愛第十

307 師能弁漢書の文帝紀置き失ひて歎き思ひけるに・・・

校訂本文

師能弁1)、漢書の文帝紀置き失ひて、歎き思ひけるに、先親春宮大夫(師頼)2)、夢の中にかの書のあり所を告げられたりけり。次の日、その所より求め出だして侍りけり。あはれなることなり。

翻刻

師能弁漢書の文帝記をき失てなけき思けるに先親春
宮大夫(師頼)夢の中に彼書のあり所を告られたりけり
次日其所より求出して侍りけりあはれなる事也/s212l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/212

1)
源師能
2)
源師頼


text/chomonju/s_chomonju307.txt · 最終更新: 2020/04/15 12:19 by Satoshi Nakagawa