ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju303

古今著聞集 孝行恩愛第十

303 六条右大臣隆俊中納言と大内を見歩き給ひけるに・・・

校訂本文

六条右大臣1)、隆俊中納言2)と大内を見歩(あり)き給ひけるに、大内には、子孫の殿上人を具せざる人は、裸足にて庭を歩む所のあんなるに、久我大相国3)幼少の時、両人の沓を懐中して、かの所にて履かせられたりけり。

幼少の人、外祖父をも思ひ捨てられざりけること、ありがたきことなり。隆俊卿、感涙を流して、母儀のもとに行きて、悦び申されけるとなん。

翻刻

六条右大臣隆俊中納言と大内を見ありき給けるに
大内には子孫の殿上人を具せさる人ははたしにて庭を
あゆむ所のあんなるに久我大相国幼少の時両人の沓/s211r
を懐中して彼所にてはかせられたりけり幼少の人外祖
父をも思すてられさりけることありかたき事也隆俊卿感涙
を流して母儀のもとに行て悦申されけるとなん/s211l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/211

1)
源顕房
2)
源隆俊
3)
源雅実


text/chomonju/s_chomonju303.txt · 最終更新: 2020/04/14 17:01 by Satoshi Nakagawa