ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju298

古今著聞集 術道第九

298 宇佐大宮司なにがしとかや癩病を受けたるよし聞こえありて・・・

校訂本文

宇佐大宮司1)なにがしとかや、癩病(らいびやう)を受けたる2)よし聞こえありて、一門の者ども、改補(かいほ)せらるべきよし、訴へ申しければ、大宮司、馳せ上りて、医師に見せられて実否(じつぷ)を定めらるべきよし、奏し侍りければ、和気・丹波のむねとある輩(ともがら)に御尋ねありけり。中原貞説も、同じく召しに応じて、御尋ねにあづかりけり。

おのおの白𤺺3)といふ病のよしを奏しけり。療治すべきよしの勘文を奉るべきよし、仰せ下されければ、面々にまかり出でて、注(しる)して参らすべきよし申しけるに、貞説申けるは、「非重代の身にて、一巻の文書のたくはへなし。知りて侍るほどのことは、当座にて勘(かんが)へ申すべし」とて、すなはち注し申しけり。もろもろの医書ども、みなことごとく引き載せて、ゆゆしく注し申したりければ、叡感ありて、申し受くるにしたがひて、和気の姓を賜はせける。後には諸陵正になりて、子孫今に絶えず。

翻刻

宇治大宮司なにかしとかや癩病をうけとるよしきこえ/s208r
ありて一門のものとも改補せらるへきよし訴申け
れは大宮司はせのほりて医師に見せられて実
否をさためらるへき由奏し侍けれは和気丹波の
むねとある輩に御尋ありけり中原貞説も同
しくめしに応して御たつねにあつかりけり各白𤺺といふ
病のよしを奏しけり療治すへきよしの勘文をたて
まつるへきよし仰下されけれは面々にまかり出て
しるしてまいらすへき由申けるに貞説申けるは非重
代の身にて一巻の文書のたくはへなししりて侍程の
事は当座にて勘申へしとて則しるし申けり
もろもろの医書ともみなことことくひきのせてゆゆしく/s208l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/208

注申たりけれは叡感ありて申うくるにしたかひて
和気の姓を給はせける後には諸陵正になりて子孫
いまにたえす/s209r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/209

1)
宇佐神宮の宮司の長。底本「宇治大宮司」。諸本により訂正。
2)
「うけたる」は底本「うけとる」。諸本により訂正。
3)
「𤺺」はやまいだれに壇のつくり。癩病ではないという診断結果。


text/chomonju/s_chomonju298.txt · 最終更新: 2020/04/13 13:27 by Satoshi Nakagawa