ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju285

古今著聞集 能書第八

285(序) 尺牘の書疏は千里の面目なりといへり・・・

校訂本文

尺牘(せきとく)の書疏(しよそ)は千里の面目なりといへり。およそ六文八体1)の姿をあらはす輩、驚鸞反鵲(きやうらんへんじやく)の勢ひを習ふ人、わづかに一字の跡を残して、はるかに万代の誉れをいたす。もろもろの芸能の中に、手跡まことにすぐれたり。

翻刻

古今著聞集巻第七
  能書第八
尺牘の書疏は千里の面目なりといへり凡六文八禅
のすかたをあらはす輩驚鸞反鵲のいきをひを
ならふ人わつかに一字の跡をのこしてはるかに万代の
ほまれをいたすもろもろの藝能の中に手跡まことに
すくれたり/s198l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/198

1)
「八体」は底本「八禅」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju285.txt · 最終更新: 2020/04/09 11:51 by Satoshi Nakagawa