ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju283

古今著聞集 管絃歌舞第七

283 同じき三年十一月三十日院にて舎利講を行なはれけり・・・

校訂本文

同じき1)三年十一月三十日、院2)にて舎利講を行なはれけり。

人々参りて後、信西3)をもて、平調(ひゃうでう)・盤渉調(ばんしきてう)の間、定め申すべきよし、仰せられければ、内府4)は、「この道に深からず」とて、定め申されず。左大将(雅定5))・中御門大納言(宗輔6))ぞ、「平調よろしかるべし」と申されける。侍従中納言(成通7))は、盤渉調たるべきよし、申されけるとかや。平調たるべきよし、勅定ありけり。

内大臣、左大将笙・侍従中納言、左衛門督8)笛・季行朝臣9)篳篥。こと果てて10)読経ありけり。大納言伊通卿11)、朗詠せられけり。右衛門督(公教12))・季兼朝臣13)、今様を歌ふ。次に壱越調(いちこつてう)また盤渉調の曲などもありけり。左大将多近方に命じて、国風(くにぶり)を歌はせられけり。

さても、このたび万歳楽三反ありけるに、その第三反に、雅楽大夫(うたのだいぶ)清延14)、なほ半帖を用ゐたりける、人あやしみとしけり。

翻刻

同三年十一月卅日院にて舎利講をおこなはれけり人々
まいりて後信西をもて平調盤渉調の間さだめ申へき
よし仰られけれは内府はこの道にふかからすとてさため
申されす左大将(雅定)中御門大納言(定輔)そ平調よろ
しかるへしと申されける侍従大納言成通は盤渉調た
るへきよし申されけるとかや平調たるへきよし勅定
ありけり内大臣左大将笙侍従中納言左衛門督笛
季行朝臣篳篥事読経ありけり大納言伊通卿/s191r
朗詠せられけり右衛門督公教季兼朝臣今様をうたふ
次壱越調又盤渉調曲なともありけり左大将多近方に
命して国風をうたはせられけりさても今度万歳楽
三反ありけるにその第三反に雅楽大夫清延猶半帖
を用たりける人あやしみとしけり/s191l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/191

1)
久安。282参照。
2)
鳥羽法皇の御所。
3)
藤原通憲
4)
諸本「宇治」と小書き。藤原頼長
5)
源雅定
6)
藤原宗輔。底本「定輔」。諸本により訂正。
7)
藤原成通
8)
藤原公教
9)
藤原季行
10)
底本「果てて」なし。諸本により補う。
11)
藤原伊通
12)
藤原家成の誤り。『台記』は藤原公能とする。
13)
藤原季兼
14)
戸部清延


text/chomonju/s_chomonju283.txt · 最終更新: 2020/04/08 18:27 by Satoshi Nakagawa