ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju271

古今著聞集 管絃歌舞第七

271 大神元政多近方がもとへ早朝に来たれることありけり・・・

校訂本文

大神元政、多近方がもとへ早朝に来たれることありけり。近方、急ぎ出で合ひたりけり。元政、「八幡1)へまかる使に、きと申すべきことありて詣でたる」と言ひければ、しばらくとどめて、盃酌(はいしやく)など勧めけるに、元政いはく、「八幡へはまかり侍らず。今日は元賢2)に狛笛(こまぶえ)吹かせん料に3)参れるなり。百十の秘事を教へたりといふとも、舞人の御心にかなはざらむ笛吹(ふえふき)、何にてもあるまじ。元政年たけて、命、今日明日とも知らず。しかれば、これを聞かせ申さんと思ひて、今日は具して参れり。大事ありとも、たがはずして聞き給へ」と言ひければ、近方興に入りて、成方4)ならびに近久5)がいまだ小童にてありけるを呼び出だして、舞はせて笛を聞きけり。終日吹かせて、拍子をあぐる所のことをしたためき。近方、ことに感じ申しけり。元政、涙を流して悦ぶことかぎりなし。

さて、元政いはく、「右の楽は今日したたまりぬ。秘曲をばみな伝へ教へ候ひし。この上おのづから不審ならむことをば、妹の女房に言ひ合はすべし」とぞ言ひける。

件(くだん)の妹は、女房ながら元政に劣らぬ者なり。安井の尼6)とぞいひける。夕霧がことか。

翻刻

大神元政多近方かもとへ早朝に来れる事ありけり近
方いそき出合たりけり元政八幡へまかる使にきと申
へき事ありてまうてたるといひけれはしはらくととめて
盃酌なとすすめけるに元政云八幡へはまかり侍らすけふは/s183r
元賢に狛笛ふかせんれうりまいれるなり百十の秘事
をおしへたりといふとも舞人の御心にかなはさらむ笛吹何
にてもあるまし元政年たけて命けふあすともしらすしかれは
これをきかせ申さんと思てけふはくして参れり大事あ
りともたかはすして聞給へといひけれは近方興に入て
成方并近久かいまた小童にてありけるをよひいたして
舞せて笛をききけり終日ふかせて拍子をあくる所の
事をしたためき近方ことに感申けり元政涙をなかし
て悦事かきりなしさて元政云右の楽はけふしたたまり
ぬ秘曲をはみな伝教候しこのうへおのつから不審なら
む事をはいもうとの女房にいひあはすへしとそいひける/s183l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/183

件の妹は女房なから元政におとらぬ物也安井の左と
そいひける夕霧事歟/s184r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/184

1)
石清水八幡宮
2)
大神元賢
3)
「料に」は底本「れうり」。諸本により訂正。
4)
多成方
5)
多近久
6)
「尼」は底本「左」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju271.txt · 最終更新: 2020/04/05 16:03 by Satoshi Nakagawa