ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju269

古今著聞集 管絃歌舞第七

269 舞人多資忠死去の後胡飲酒採桑老の曲かの氏に絶えにければ・・・

校訂本文

舞人多資忠死去の後、胡飲酒(こんじゆ)・採桑老(さいしやうらう)の曲、かの氏に絶えにければ、久我太政大臣1)、胡飲酒を将曹(しやうさう)多忠方に教へ給ひけり。採桑老は教ふる者なかりけるに、天王寺2)の舞人秦公貞、この曲を伝へたりければ、院3)の仰せによりて、右近将曹多近方に教へてけり。

翻刻

舞人多資忠死去の後胡飲酒採桑老の曲彼氏に絶にけれ
は久我太政大臣胡飲酒を将曹多忠方におしへたまひ/s182l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/182

けり採桑老はおしふる物なかりけるに天王寺舞人秦公
貞この曲を伝へたりけれは院の仰によりて右近将曹多
近方におしへてけり保安五年正月朝覲行幸に近方採/s183r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/183

1)
源雅実
2)
四天王寺
3)
白河上皇と堀河天皇の二つの伝承がある。


text/chomonju/s_chomonju269.txt · 最終更新: 2020/04/04 16:30 by Satoshi Nakagawa