ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju265

古今著聞集 管絃歌舞第七

265 知足院殿何事にてかさしたる御望み深かりけること侍りけり・・・

校訂本文

知足院殿1)、何事にてか、さしたる御望み深かりけること侍りけり。御歎きのあまり、大権房といふ効験(かうげん)の僧のありけるに、荼枳尼(だきに)の法を行なはせられけり。日限をさして、験(しるし)あることなりけり。

せめての懇切のあまりに、件(くだん)の僧を召して、仰せ合はせられけるに、僧の申しけるは、「この法、いまた疵つかず候ふ。七日の中に験あるべし。もし七日になほ験なくは、いま七日を延べらるべく候ふや。それにかなはずは、すみやかに流罪に行なはれ候へかし」と、きらびやかに申してけり。よつて、供物以下のこと、注進にまかせて賜ひてけり。

さて、初め行ふに、七日に験なし。その時、「すでに七日に験なし。いかに」と仰せられければ、「道場を見せらるべく候ふや。たのもしき験候ふなり」と申しければ、すなはち人をつかはして見せられければ、狐一疋来たりて、供物を食ひけり。さらに人に恐るることなし。

さて、その後七日を延べ行なはるるに、満ずる日、知足院殿、御昼寝ありけるに、容顔美麗なる女房、御枕を通りけり。その髪、襲(かさね)の衣の裾(すそ)よりも三尺ばかり余りたりけり。あまりに美しう艶(えむ)に思しけるままに、その髪に取り付かせ給ひぬ。女房、見かへりて、「さまあしう、いかにかくは」と申しける声・気配・顔のやう、すべてこの世のたぐひにあらず。「天人の天下りたらんもかくや」と思えさせ給ひて、いよいよしのびあへさせ給はで、強く取りとどめさせけるを、女房荒く引き放ちて通りぬと思し召しけるほどに、その髪切れにけり。かたはらいたく、あさましく思すほどに、御夢覚めぬ。うつつに御手にもののかにしてあるを御覧じければ、狐の尾なりけり。

不思議に思し召して、大権房を召して、そのやうを仰せられければ、「さればこそ申しつれ。いかにむなしかるまじく候ふ。年ごろ厳重の験多く候ひつれども、これほどにあらたなることはいまだ候はず。御望みのこと、明日午刻に必ずかなひ候ふべし。この上は、流罪のことは候ふまじくや」と、狂ひ申して出でにけり。かつがつとて、女房の装束一襲(かさね)かづけ給ひけり。

申すがごとく、次の日午刻に、御悦びのこと、公家より申されたりけるとぞ。摂籙(せつろく)の一番の御まつりごとに、大権2)をば有職になされけり。

件(くだん)の生き尾は、清き物に入れて深く納めにけり。やがて、その法を習はせ給ひて、さしたる御望みなどのありけるには、みづから行なはせ給ひけり。かならず験ありけるとぞ。妙御院の護法殿に収められける、いかがなりぬらん。その生き尾のほかも、また別の御本尊ありけるとかや。花園の大臣(おとど)3)の御跡、冷泉東洞院に御わたりありし時も、祠(ほこら)を構へて祝(いは)はれたりけり。福天神とて、その社、当時もおはしますめり。

この福天神の不思議多かる中に、寛喜元年のころ、七条院4)に式部大夫国成といふ者あり。越前の目代にて侍りしかば、其時は目代入道とぞ申しける。その子息に左衛門尉なにがしとかやといひて、四条大納言5)家に祗候(しこう)の間、夕暮にかの亭冷泉万里小路より退出の時、大炊御門高倉辺にて立ちとどまりて、「あなおもしろの箏の音(ね)や」と言ひて、行きもやらず、うち傾(かたぶ)きて、おもしろがりけり。供にある男に、「これは聞くか」と言ふ。「さらに聞かず」と答へければ、「いかにや、これほどにおもしろき箏をば聞かぬ」とて、なほ一人心を澄まして立ちたりけり。

さて、家に行き着きて、やがて胸を病み出だして、あさましく大事なり。その上、物狂はしくて、西をさして走り出でむとしければ、したたかなる者ども六人して取りとどめけるに、その力の強きこと、いふばかりなし。高く踊り上りて、頭(かしら)を下(しも)になして、肩を板敷に強く投げければ6)、ただ今に身も砕けぬとぞ見えける。

その時、法深房7)、いまだ俗にて、大炊御門東洞院の山かの中納言の局の家の北の対(たい)を借り受けてゐられたりけり。この病者が家は、ただ東にてぞ侍りける。そなたへ指をさして行かんとするを、父、「誰(た)がもとへ行かんと思ひて指をはさすぞ。西藤馬の助8)こそおはすれ。かれへ行かんと思ふか」と問ひければ、病者うなづきけり。「さらば、呼び申さんはいかに」と言へば、喜びたる気色にて、うなづきけり。

その時、馬の助のもとへ行きて、このやうを言ひければ、「あやしきことなり」とて、すなはちあひともに病者のもとへ行きぬ。病者、馬の助を見て、さしも狂ひつるが、しめじめと静まりて、みづから烏帽子を取りてうちかづきて、深くかしこまりたり。あたりに六・七人ゐたり ける看病の者どもを、次第ににらみけり。よに悪(あ)しげに思ひたりければ、みな退(の)けてけり。父の入道ばかり片隅に引き入りてゐたりけるを、なほ悪しげに思ひてにらみければ、それをも退けてけり。馬の助とただ二人向ひて、その気色、ことにことよく心ゆきたる9)気色なり。なほかしこまり恐れたることかぎりなし。

さて馬の助、「何しに召され候ひけるぞ」と言へば、いよいよ深くかしこまりて、初めて言葉を出だして言ひけるは、「御辺近く候ふ者にて候ふ。見参に入りたく候ひて」と言ふ。馬の助、「さ候へば、召しにしたがひて参りて候ふ。何事も仰せられ候へ」と言へば、病者、「あまりに御箏・御琵琶・御声わざなどの承りたく候ふ」と言ふ。馬の助、「やすきことに候ふ。その道にたづさはりたる身にて候へば、人をきらふことなし。ただ聞きたがる人を悦びにつかうまつれば、仰せにしたがふべし」とて、すなはち琵琶を取り寄せて、弾きて聞かするに、うちうなづき、うちうなづきて、左右へ身をゆるがして、心とけたるさまあらはなり。弾き果てて置きければ、また、「御箏の承りたく候ふ」と言ふ。すなはち、言ふがごとく弾きけり。おもしろがること、先のごとし。その後、朗詠・催馬楽など、さまざまの声わざども、所望にしたがひてつくしければ、あさましく嬉しげに思ひたり。

さて馬の助言ひけるは、「仰せにしたがひて諸芸どもつかうまつりぬ。この御望みは、いくたびなりともやすきことなり。聞きたく思さん時は、はばかり給ふべからず。かやうに尋常ならぬ御気色ならで、今よりはのどまりて仰せられよ」と言へば、病者、またかしこまりつつ、「かやうの身がらにては、かくうるはしからでは見参の便宜(びんぎ)候はで」と言ふ。馬の助、「さ候はば、暇(いとま)給はりてまかりなん。ちと物を召し候へかし」と言へば、承伏しけり。

すなはち、白き米を土器(かはらけ)に入れたるを、打鮑(うちあはび)とを折敷(をしき)に入れて取り寄せ勧むれば、米をうちくぐみて、ことに歯音(はおと)よげに、からからと食ひけり。打鮑を取り合はせて、ただ一両口に、やすやすと食ひてけり。その食ひやうも普通の儀にあらず。さて、酒を勧むれば、日ごろはすべて一土器(ひとかはらけ)だにもえ飲まぬ下戸なりけるが、大なる白土器にて二度飲みてけり。「いま一度」と勧めて、また一度飲みつつ、「この上はさらば」とて、馬の助は帰りぬ。

さるほどに、暁に及びて、父入道、また来たりて言ふやう、「御帰りの後、また狂ひ候ふなり。さりとては、いま一度御渡り候ひて御覧ぜよ」と言ふ。すなはちしたがひて来ぬ。げにも、その狂ひやう、おびたたしく恐しかりけり。

馬の助来たりて、「いかに軽々(きやうきやう)に人をばすかさせ給ふぞ。何事も仰せらるるにしたがひて、もろもろのこと、ほどこして聞かせ奉りぬ。今は御心ゆきて、暇(いとま)を賜はりて帰りつれば、心やすくこそ思ひ給ふに、やがていつしかかくおはすべきことかは」と、はしたなげに言ひければ、「そのことに候ふ。なを所望のことども残りて候ふなり。琵琶には手と申して、めでたきことの候ふぞかし。それが承りたく候ひて」と言ふ。馬の助、「やすきこと。さらば一度には仰せられで」とて、すなはち風香調(ふかうでう)の手一両弾きて聞かせけり。まめやかにおもしろげに思ひて、うち傾(かたぶ)きうち傾き聞きけり。

その時、「琵琶の手は聞かせ給ひぬ。箏の調子はいかに。これほど好かせ給ひたれば、心おちて弾きて聞かせ奉らん」とて、三段の上りかき合はせ、並びに梅花といふ撥合(ばちあはせ)など弾きて聞かせければ、掌(たなごころ)を合はせておもしろがりけり。

かくするほどに、夜すでに明けて、壁の崩れより日影のさし入りたる穴より、犬の鼻を吹きて内を嗅ぎけるを10)、この病者見て、肩をすゑ、顔の色変はり、恐れおののきたる気色なり。

ここに、かの福天神の所為(しよゐ)と悟りて、犬を追ひのけつ。その後、気色なほりてけり。「今は心ゆきぬらん。まかり帰らん。見参に入り候ひぬる、嬉しく候ふ。御社へも参りて、物の音(ね)あまたそろへて、楽(がく)して聞かせ参らすべし」と言へば、「昔、常に承ることにて、その御名残なつかしく候ひて、恐れながら申して候ひつるなり」とぞのたまひける。さて、馬の助帰りぬ。

その後、病者うち臥して、申刻ばかりまでは起きも上がらざりけり。このこと、あはれに思えて、尾張内侍・讃岐など誘ひて、かの社に詣でて、箏・琵琶弾きて聞かせ奉りけるとぞ。

翻刻

知足院殿何事にてかさしたる御のそみふかかりける
事侍けり御歎のあまり大権房といふ効験の僧の有
けるにたきにの法をおこなはせられけり日限をさしてしる
しある事なりけりせめての懇切のあまりに件僧を/s175l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/175

めして仰合せられけるに僧の申けるはこの法いまた疵つ
かす候七日の中にしるしあるへし若七日に猶しるしなくは
いま七日をのへらるへく候哉それにかなはすはすみやかに流
罪におこなはれ候へかしときらひやかに申てけり仍供物以下
の事注進にまかせて給てけりさて初おこなふに七日にし
るしなし其時すてに七日に験なしいかにと仰られけれは
道場をみせらるへく候哉たのもしきしるし候也と申けれは
すなはち人をつかはしてみせられけれは狐一疋来て供
物をくひけりさらに人におそるる事なしさて其後七日
を延行はるるに満する日知足院殿御ひるねありけるに
容顔美麗なる女房御枕をとほりけりそのかみかさね/s176r
の衣のすそよりも三尺はかりあまりたりけりあまりに
うつくしうえむにおほしけるままにその髪にとりつか
せ給ぬ女房見帰てさまあしういかにかくはと申ける
声けはひかほのやうすへてこの世のたくひにあらす
天人のあまくたりたらんもかくやとおほえさせ給てい
よいよしのひあへさせ給はてつよくとりととめさせける
を女房あらく引はなちてとほりぬとおほしめしける程に
そのかみきれにけりかた腹いたくあさましくおほす程
に御夢さめぬうつつに御手にもののかにしてあるを御らんし
けれは狐の尾なりけり不思儀におほしめして大権房
をめしてそのやうを仰られけれはされはこそ申つれ/s176l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/176

いかにむなしかるましく候年比厳重のしるしおほく候つ
れともこれ程にあらたなる事はいまた候はす御望の
事明日午刻に必かなひ候へしこのうへは流罪の事は
候ましくやと狂申て出にけりかつかつとて女房の装束
一襲かつけ給けり申すかことく次日午刻に御悦の事
公家より申されたりけるとそ摂籙の一番の御まつりことに
大権をは有職になされけり件のいき尾はきよき物に入て
ふかくおさめにけりやかて其法を習はせ給てさしたる御望
なとのありけるには身つから行なはせ給けりかならす験あり
けるとそ妙御院の護法殿に収られけるいかかなりぬらんそのいき
尾の外も又別の御本尊ありけるとかや花薗のおととの御跡/s177r
冷泉東洞院に御わたりありし時もほこらを構ていははれ
たりけり福天神とてその社当時もおはしますめり此
福天神の不思儀おほかる中に寛喜元年の比七条院に式部
大夫国成といふ物あり越前の目代にて侍しかは其時は目代
入道とそ申けるその子息に左衛門尉なにかしとかやといひて
四条大納言家に祗候のあひた夕暮に彼亭冷泉万里
小路より退出の時大炊御門高倉辺にて立ととまりて
あなおもしろの箏のねやといひて行もやらすうちかたふきて
おもしろかりけり共にある男にこれはきくかといふさらにきか
すとこたへけれはいかにやこれ程におもしろき箏をは聞
かぬとて猶ひとり心をすましてたちたりけりさて家に/s177l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/177

行付てやかて胸をやみ出してあさましく大事也その
うへ物狂はしくて西をさしてはしりいてむとしけれは
したたかなる物とも六人してとりととめけるにその力の
つよき事いふはかりなしたかくおとりありてかしらをしも
になして肩を板敷につよくなけられはたたいまに身も
くたけぬとそ見えける其時法深房いまた俗にて太炊
御門東洞院の山かの中納言局の家の北対をかりうけて
ゐられたりけりこの病者か家はたた東にてそ侍けるそなた
へ指をさしてゆかんとするを父たかもとへゆかんとおもひて
ゆひをはさすそ西藤馬助こそおはすれかれへゆかんとおもふ
かと問けれは病者うなつきけりさらはよひ申さんはいかにと/s178r
いへはよろこひたる気色にてうなつきけりその時馬助
のもとへ行てこのやうをいひけれはあやしき事なりとて則
あひ共に病者のもとへ行ぬ病者馬助を見てさしもくる
ひつるかしめしめとしつまりて身つから烏帽子をとりてう
ちかつきてふかくかしこまりたりあたりに六七人居たり
ける看病の物ともを次第ににらみけりよにあしけにおもひ
たりけれはみなのけてけり父の入道はかりかたすみに引
入てゐたりけるをなをあしけに思てにらみけれはそれをも
のけてけり馬助とたた二人むかひてそのけしきことに事
よく心ゆるたるけしきなりなをかしこまり恐たることか
きりなしさて馬助なにしにめされ候けるそといへはいよいよ/s178l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/178

ふかくかしこまりてはしめて詞を出していひけるは御辺
ちかく候物にて候見参に入たく候てといふ馬助さ候へはめし
に随てまいりて候何事も仰られ候へといへは病者あまり
に御箏御琵琶御こゑわさなとのうけ給たく候といふ馬
助やすき事に候その道にたつさはりたる身にて候へは人
をきらふことなしたたききたかる人を悦につかうまつれは
仰にしたかふへしとて則琵琶をとりよせて引てきかす
るにうちうなつきうちうなつきて左右へ身をゆるかして心とけたるさま
あらは也引はてておきけれは又御箏の承たく候といふ則
いふかことく引けりおもしろかる事先のことし其後朗詠催馬楽
なとさまさまのこゑわさとも所望にしたかひてつくしけれは/s179r
あさましくうれしけに思たりさて馬助いひけるは仰に
したかひて諸藝ともつかうまつりぬこの御望はいくたひ也
ともやすき事也ききたくおほさん時はははかり給へからす
かやうに尋常ならぬ御気色ならていまよりはのとまりて仰られ
よといへは病者又かしこまりつつかやうの身からにてはかくうる
はしからては見参の便宜候はてといふ馬助さ候ははいとま給はり
てまかりなんちと物をめし候へかしといへは承伏しけり則し
ろきこめをかはらけに入たるをうちあはひとをおしきに
入てとりよせすすむれはこめをうちくくみてことにはおと
よけにからからとくひけりうちあはひをとりあはせてたた
一両口にやすやすとくひてけりそのくひやうも普通の/s179l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/179

儀にあらすさて酒をすすむれは日来はすへて一かはらけ
たにもえのまぬ下戸なりけるか大なるしろかはらけに
て二度のみてけりいま一度とすすめて又一度のみつつこの
うへはさらはとて馬助はかへりぬさる程に暁に及て父入道
又来ていふやう御帰ののち又くるい候なりさりとてはいま一
度御渡候て御らんせよといふすなはちしたかひてきぬけにも
そのくるひやうおひたたしくおそろしかりけり馬助来て
いかにきやうきやうに人をはすかさせ給そ何事も仰らるる
にしたかひてもろもろの事ほとこしてきかせたてまつり
ぬいまは御心ゆきていとまをたまはりて帰つれは心やすく
こそ思給にやかていつしかかくおはすへき事かはとはし/s180r
たなけにいひけれはその事に候なを所望の事とも残
て候なり比巴には手と申てめてたき事の候そかしそれ
かうけ給たく候てといふ馬助やすきことさらは一度には仰
られてとて則風香調手一両引てきかせけりまめやかに
おもしろけに思ひてうちかたふきうちかたふきききけり其時比巴の
手はきかせ給ぬ箏の調子はいかにこれ程すかせ給たれは心
おちて引てきかせたてまつらんとて三段ののほりかきあ
はせ并梅花といふ撥合なと引てきかせけれはたな心を
あはせておもしろかりけりかくする程に夜すてにあけ
て壁のくつれより日影のさし入たる穴より犬の鼻を
ふきてうちをかきける候を此病者みて肩をすへかほ/s180l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/180

の色かはりおそれおののきたる気色なり爰かの福天
神の所為とさとりて犬をおいのけつそののち気色なをり
てけりいまは心ゆきぬらんまかり帰らん見参に入候ぬるうれ
しく候御社へもまいりて物のねあまたそろへて楽して
きかせまいらすへしといへは昔つねに承事にてその御
名残なつかしく候て恐なから申て候つる也とそのたまひける
さて馬助帰ぬ其後病者うちふして申刻はかりまて
はおきもあからさりけり此事あはれにおほえて尾張内侍
讃岐なとさそひて彼社に詣て箏琵琶引てきかせ
たてまつりけるとそ/s181r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/181

1)
藤原忠実
2)
大権房
3)
源有仁
4)
白河院の御所。
5)
藤原隆房
6)
「投げければ」は底本「なけられは」。諸本により訂正。
7)
藤原孝時
8)
法深房を指す。「西には藤馬助」とあるべきか。
9)
「心ゆきたる」は底本「心ゆるたる」。諸本により訂正。
10)
「嗅ぎけるを」は底本「かきける候を」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju265.txt · 最終更新: 2020/06/20 23:40 by Satoshi Nakagawa