ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju261

古今著聞集 管絃歌舞第七

261 堀河院の御時節会に常よりも急ぎ入御ありけるを・・・

校訂本文

堀河院1)の御時、節会に常よりも急ぎ入御ありけるを、人々あやしう思ひけるほどに、御膳宿(おものやどり)の方にて、立楽(りふがく)の時になりて、皇帝(わうだい)を吹き出ださせおはしましたりけり。めづらしくいみじかりけることなり。

かの右府の記しおかれたるとかや2)。尋ぬべし。

翻刻

堀川院御時節会に常よりもいそき入御ありけるを
人々あやしう思ひける程に御膳宿の方にて立楽の時に
なりて皇帝を吹出させおはしましたりけりめつらし
くいみしかりける事也彼右府の記しをかれたるとかや
尋へし/s174r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/174

1)
堀河天皇
2)
藤原宗忠『中右記』か。


text/chomonju/s_chomonju261.txt · 最終更新: 2020/04/02 16:03 by Satoshi Nakagawa