ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju258

古今著聞集 管絃歌舞第七

258 嘉保二年八月八日院に行幸ありて相撲を御覧ぜられける・・・

校訂本文

嘉保二年八月八日、院1)に行幸ありて、相撲(すまひ)を御覧ぜられける。江帥2)、兼日(けんじつ)に式を作りて奉りける時、舞人狛光季申しけるは、「万歳楽(まんざいらく)をとどめて賀殿(かてん)を奏せんと思ふ。そのゆゑは、一つには、万歳楽は毎年に御覧ぜらるる曲なり。一つには説は賀殿同じかるべし。一つには舞興賀殿まされり。一つにはこの院新造たり。賀殿の儀あひかなへり」。

江帥、このよしを奏せられければ、しかるべきよし、勅定ありて、まづ賀殿・地久(ちきう)を 奏しけり。その時の内裏は堀河院、仙洞は閑院にて侍りけり。ほど近ければ、徒歩(かち)の行幸にてぞ侍りける。

翻刻

嘉保二年八月八日院に行幸ありて相撲を御覧せられ
ける江帥兼日に式をつくりてたてまつりける時舞人
狛光季申けるは万歳楽をととめて賀殿を奏せんと思
その故は一には万歳楽は毎年に御らむせらるる曲也一には
説は賀殿おなしかるへし一には舞興賀殿まされり一には/s172l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/172

此院新造たり賀殿の儀あひ叶へり江帥このよしを奏せ
られけれはしかるへきよし勅定ありてまつ賀殿地久を
奏しけり其時の内裏は堀川院仙洞は閑院にて侍けり
程ちかけれはかちの行幸にてそ侍ける/s173r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/173

1)
白河院の御所。
2)
大江匡房


text/chomonju/s_chomonju258.txt · 最終更新: 2020/04/01 18:21 by Satoshi Nakagawa