ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju253

古今著聞集 管絃歌舞第七

253 永保三年七月十三日、主上殿下南殿の巽の角に御座ありて・・・

校訂本文

永保三年七月十三日、主上1)・殿下2)、南殿の巽(たつみ)の角に御座ありて、蔵人盛長3)をして、御琵琶牧馬(ぼくば)を召し寄せらる。すなはち錦の袋に入れて持て参りたりけり。御覧の後、大納言経信卿4)に弾かせられけり。

聞こし召して、「玄象といかに」と仰せられければ、大納言申されけるは、「昔、前の一条院5)の御時、信明6)・信義7)等を召して、この御琵琶どもを弾かせられけるに、信明は玄象、信義は牧馬を弾ず。牧馬すぐれて聞こゆ。その時取り替へて、玄象を弾かせらるるに、玄象すぐれたり。その時、琵琶の勝劣あらず。弾く人によりけり」と奏せられけるを聞こし召して、玄象を取出でて弾かせられけるに、まことに勝劣なかりけり。

このこと、かの卿たしかに記しおかれ侍り。

翻刻

永保三年七月十三日主上殿下南殿巽角御座あり
て蔵人盛長をして御比巴牧馬をめしよせらる即錦
の袋に入てもてまいりたりけり御覧ののち大納言経/s167l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/167

信卿に引かせられけりきこしめして玄象といかにと仰られ
けれは大納言申されけるはむかし前一条院御時信明信
義等をめしてこの御比琶ともをひかせられけるに信明は玄
象信義は牧馬を弾す牧馬すくれてきこゆその時と
りかへて玄象をひかせらるるに玄象すくれたり其時
比琶の勝劣あらす弾人によりけりと奏せられけるをき
こしめして玄象をとりいててひかせられけるにまことに勝劣
なかりけり此事彼卿たしかに記しをかれ侍り/s168r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/168

1)
白河天皇
2)
藤原師実
3)
源盛長
4)
源経信
5)
一条天皇
6)
源信明
7)
源信義


text/chomonju/s_chomonju253.txt · 最終更新: 2020/03/30 16:48 by Satoshi Nakagawa