ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju250

古今著聞集 管絃歌舞第七

250 篳篥吹き遠理が父阿波守にて下向の時・・・

校訂本文

篳篥(ひちりき)吹き遠理1)が父2)、阿波守にて下向の時、遠理その供に同じく下向しけるに、その年旱魃(かんばつ)の愁へありければ、とかく祈雨を励めどもかなはず。

七月ばかりに、遠理、その国の社(その神尋ぬべし)へ参りて、奉幣の後に、調子を両三反吹きて祈請の間、にはかに唐笠ばかりなる雲、社の上に覆ひて、たちまちに雨下りて洪水に及びにけり。

神感のあらたなること、秘曲の地に落ちざること、かくのごとし3)

翻刻

篳篥吹遠理か父阿波守にて下向之時遠理その共
におなしく下向しけるにそのとし旱魃の愁ありけれ
はとかく祈雨をはけめともかなはす七月はかりに遠
理其国の社(其神/可尋)へまいりて奉幣の後に調子
を両三反吹て祈請のあひたにはかに唐笠はかりなる/s166r
雲社の上におほゐてたちまちに雨下りて洪水に及に
けり神感のあらたなる事秘曲の地に落さる事かくれことし/s166l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/166

1)
源遠理
2)
源惟正
3)
「かくのごとし」は底本「かくれことし」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju250.txt · 最終更新: 2020/03/29 14:10 by Satoshi Nakagawa