ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju239

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:chomonju:s_chomonju239 [2020/03/26 21:50] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +[[index.html|古今著聞集]] 管絃歌舞第七
 +====== 239 同じき三年四月十二日飛香舎にて藤花宴ありけり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +同じき((天暦。[[s_chomonju238|238]]参照。))三年四月十二日、飛香舎にて藤花宴ありけり。右大臣((藤原師輔))・左衛門督((源高明))・左兵衛督((藤原師尹))、候ひ給ふ。
 +
 +和歌糸竹の興など果てて、女御御贈り物((村上天皇への贈り物。))ありけり。先皇((醍醐天皇))の勤子内親王に賜ひける箏譜三巻、貞保親王((清和天皇皇子))の用ゐたりける笛・螺鈿の箏などをぞ奉り給ひける。件(くだん)の箏、奇香あるよし、李部王(りはうわう)((醍醐天皇皇子重明親王))記し給ひたるとかや。いかなる匂ひにてか侍りけむ。ゆかしきことなり。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  同三年四月十二日飛香舎にて藤花宴ありけり右大臣
 +  左衛門督左兵衛督候給和哥糸竹の興なとはてて女御
 +  御をくり物ありけり先皇の勤子内親王にたまひける/s161r
 +
 +  箏譜三巻貞保親王のもちゐたりける笛螺鈿箏な
 +  とをそたてまつり給ける件箏奇香あるよし李部王
 +  記し給たるとかやいかなるにほひにてか侍けむゆかしき事也/s161l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​161
  


text/chomonju/s_chomonju239.txt · 最終更新: 2020/03/26 21:50 by Satoshi Nakagawa