ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju237

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:chomonju:s_chomonju237 [2020/03/26 19:23] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +[[index.html|古今著聞集]] 管絃歌舞第七
 +====== 237 天慶八年正月五日右大臣家にて饗を行なはれけるに・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +天慶八年正月五日、右大臣家((藤原実頼))にて饗を行なはれけるに、果てつ方に、式部卿親王((宇多天皇皇子敦実親王))と大臣(おとど)と帰徳曲を唱へられたりけるに、右近将曹伴野貞行、狛杵((狛桙か。))と思ひつつ、松を取りて進みけるを、大臣、帰徳のよしを告げ給ひければ、松を捨てて舞ひけり。
 +
 +貞行は高麗の舞人なりけり。このこと不審。帰徳ならば、松をばなど杵((桙か。))には用ゐざりけるにか。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  天慶八年正月五日右大臣家にて饗をおこなはれけるに
 +  はてつかたに式部卿親王とおととと帰徳曲を唱へられたりけ
 +  るに右近将曹伴野貞行狛杵と思ひつつ松をとりて/s160l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​160
 +
 +  すすみけるをおとと帰徳のよしを告給けれは松をすてて
 +  舞けり貞行は高麗舞人なりけり此事不審帰
 +  徳ならは松をはなと杵には用さりけるにか/s161r
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​161
  


text/chomonju/s_chomonju237.txt · 最終更新: 2020/03/26 19:23 by Satoshi Nakagawa