ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju231

古今著聞集 管絃歌舞第七

231 貞保親王桂川の山荘にて放遊し給ひけるに・・・

校訂本文

貞保親王1)、桂川の山荘にて放遊し給ひけるに、平調(ひやうでう)に調べて五常楽をなす間、灯火(ともしび)の後ろに、天冠の影、顕現しけり。

人々おぢ恐れければ、所現の影、みづからいはく、「われは、唐家の廉承武の霊なり。五常楽の急百反(ぺん)に及ぶ所には、必ず来侍るなり」とて失せにけり。

翻刻

貞保親王桂河の山庄にて放遊し給けるに平調にしらへ
て五常楽をなす間ともし火のうしろに天冠の影顕現し
けり人々おぢ恐れけれは所現の影みつからいはく我は唐家の
廉承武の霊也五常楽急百反におよふ所にはかならす来侍
なりとて失にけり延喜四年十月大井河に行幸ありけるに/s159r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/159

1)
清和天皇皇子


text/chomonju/s_chomonju231.txt · 最終更新: 2020/03/22 12:52 by Satoshi Nakagawa