ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju227

古今著聞集 和歌第六

227 住江に御幸なるべしとて神主修理を加へけるに・・・

校訂本文

住江(すみのゑ)1)に御幸2)なるべしとて、神主、修理を加へけるに、大略みな新造になしたりければ、昔より書き付けおける人々の詩歌、みな跡形(あとかた)なくなりにたるを見て、誰(たれ)か詠みたりけん、柱に書き付け侍りける、

  書き付くる跡は千年(ちとせ)もなかりけり忘れずしのぶ人はあれども

翻刻

この御哥とも後撰に入たり此ためしを思食しけるにこそ住
江に御幸なるへしとて神主修理をくはへけるに大略
みな新造になしたりけれは昔よりかきつけをける人々
の詩哥みなあとかたなくなりにたるをみてたれかよ
みたりけんはしらにかきつけ侍ける
 かきつくる跡は千とせもなかりけり忘れすしのふ人はあれとも/s157r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/157

1)
住吉大社
2)
後嵯峨上皇の御幸


text/chomonju/s_chomonju227.txt · 最終更新: 2020/03/21 12:22 by Satoshi Nakagawa