ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju210

古今著聞集 和歌第六

210 治承のころ人々安芸の厳島へ参られけるも風あしくて・・・

校訂本文

治承のころ、人々安芸の厳島へ参られけるも、風あしくて、「高砂のへんにあり」と聞きて、修理大夫経盛1)、実国大納言2)のもとへ申し送り侍りける、

  泊まりする湊の風もけあしきに波たかさごの浦はいかにぞ

返し、

  高砂の波のかからぬ折ならば風のつてにも問はれましやは

翻刻

治承の比人々安藝のいつく嶋へまいられけるも風あしくて
高砂のへんにありとききて修理大夫経盛実国大納言
のもとへ申をくり侍ける
 とまりする湊の風もけあしきに浪たかさこのうらはいかにそ
返し
 高砂の浪のかからぬおりならは風のつてにもとはれましやは/s149l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/149

1)
平経盛
2)
藤原実国


text/chomonju/s_chomonju210.txt · 最終更新: 2020/03/16 19:08 by Satoshi Nakagawa