ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju209

古今著聞集 和歌第六

209 少将隆房賀茂の祭の使勤めけるに車の風流よく見えければ・・・

校訂本文

少将隆房1)、賀茂の祭の使勤めけるに、車の風流よく見えければ、またの朝、大納言実国2)、父の大納言隆季3)のもとへ申し送り侍る、

  色深き君が心の花散りて身にしむ風の流れとぞ見し

返し、

  子を思ふ心の花の色ゆゑや風の流れも深く見えけむ

翻刻

少将隆房賀茂祭使つとめけるに車の風流よく見えけれは
又の朝大納言実国父の大納言隆季のもとへ申をくり侍る
 色ふかき君か心の花ちりて身にしむ風のなかれとそ見し/s149r
返し
 子を思心の花の色ゆへや風のなかれもふかくみえけむ/s149l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/149

1)
藤原隆房
2)
藤原実国
3)
藤原隆季。隆房の父。


text/chomonju/s_chomonju209.txt · 最終更新: 2020/03/16 18:55 by Satoshi Nakagawa