ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju207

古今著聞集 和歌第六

207 建春門院皇太后宮にておはしましける時公卿殿上人女房どもさそひて・・・

校訂本文

建春門院1)、皇太后宮にておはしましける時、公卿・殿上人・女房どもさそひて、大井川の紅葉見に向かはれけるに、三位中将実定卿2)、さはることありてとどまれたりければ、中納言実国卿3)、詠みてつかはしける、

  もろともに君と見ぬまのもみぢ葉は心の闇の錦なりけり

返し、

  さそはれぬ身こそつらけれもみぢ葉は何かは闇の錦なるべき

翻刻

建春門院皇太后宮にておはしましける時公卿殿上人女房
ともさそひて大井川の紅葉みにむかはれけるに三位中将
実定卿さはる事ありてととまれたりけれは中納言実国
卿よみてつかはしける
 もろともに君とみぬまのもみち葉は心のやみのにしきなりけり/s148l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/148

返し
 さそはれぬ身こそつらけれ紅葉葉はなにかはやみの錦なるへき/s149r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/149

1)
後白河天皇皇后平滋子
2)
藤原実定
3)
藤原実国


text/chomonju/s_chomonju207.txt · 最終更新: 2020/03/16 14:41 by Satoshi Nakagawa