ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju197

古今著聞集 和歌第六

197 三河守定基心ざし深かりける女のはかなくなりにければ・・・

校訂本文

三河守定基1)、心ざし深かりける女の、はかなくなりにければ、世を憂きものに思ひ入れたりけるに、五月の雨晴れやらぬころ、ことよろしき女の、いたうやつれたりけるが、鏡を売りて着たれるを取りて見るに、その鏡の包み紙2)に書ける、

  今日のみと見るに涙のます鏡慣れにし影を人に語るな

これを見るに、涙とどまらず。鏡をば返し取らせて、さまざまにあはれみけり。道心もいよいよ思ひ定めけるは、このこと3)によれり。

出家の後、寂照上人とて入唐しける。かしこにては円通大師とぞいはれける。清涼山の麓(ふもと)にて、つひに往生の素懐を遂げられけり。

翻刻

参河守定基心さしふかかりける女のはかなく成にけれは世を
うき物に思入たりけるに五月の雨はれやらぬ比ことよろしき
女のいたふやつれたりけるか鏡をうりてきたれるをとりて
みるにそのかかみのつつかみにかける
 けふのみとみるに涙のます鏡なれにしかけを人にかたるな
これを見るに涙ととまらすかかみをは返しとらせてさまさま
にあはれみけり道心もいよいよ思さためけるは此返事によ
れり出家の後寂照上人とて入唐しけるかしこにては円通
大師とそいはれける清涼山のふもとにてつゐに往生の素
懐をとけられけり/s142r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/142

1)
大江定基
2)
「包み紙」は底本「つつかみ」。諸本により訂正。
3)
「こと」は底本「返事」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju197.txt · 最終更新: 2020/03/14 16:30 by Satoshi Nakagawa