ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju195

古今著聞集 和歌第六

195 宗家大納言とて神楽催馬楽歌ひてやさしく神さびたる人おはしき・・・

校訂本文

宗家大納言1)とて、神楽(かぐら)・催馬楽(さいばら)歌ひて、やさしく神さびたる人おはしき。北の方は後白河法皇の女房、右衛門佐と申しける。

宗経2)の中将生みなどして後、かれがれになりて、遠ざかり給ひけるに、

  逢ふことの絶えば命の絶えなんと思ひしかどもあられける身を

と詠みてやられたりければ、返事はなくて、車をつかはして迎へ取りて、また年ごろになりけるも、やさしくこそ。

翻刻

宗家大納言とて神楽催馬楽うたひてやさしく神さひたる
人おはしき北方は後白河法皇の女房右衛門佐と申ける/s141r
宗経の中将うみなとして後かれかれに成て遠さかり給けるに
 あふことのたえは命のたえなんと思しかともあられける身を
とよみてやられたりけれは返事はなくて車をつかはして
むかへとりて又とし比になりけるもやさしくこそ/s141l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/141

1)
藤原宗家
2)
藤原宗経


text/chomonju/s_chomonju195.txt · 最終更新: 2020/03/13 22:17 by Satoshi Nakagawa