ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju194

古今著聞集 和歌第六

194 壬生二位家隆卿八十にて天王寺にて終り給ひける時・・・

校訂本文

壬生二位家隆卿1)、八十にて天王寺2)にて終り給ひける時、七首の歌を詠みてぞ廻向せられける。臨終正念にて、その志むなしからざりけり3)

かの七首4)の内に、

  契りあれば難波の里にやどりきて波の入り日を拝みけるかな

翻刻

壬生二位家隆卿八十にて天王寺にてをはり給ける時七首の哥
をよみてそ廻向せられける臨終正念にて其志なしから
さりけりかの七首の内に
 契あれは難波の里にやとりきて浪のいりひをおかみける哉/s141r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/141

1)
藤原家隆
2)
四天王寺
3)
「むなしからざりけり」は底本「なしからさりけり」。諸本により訂正。
4)
469参照。


text/chomonju/s_chomonju194.txt · 最終更新: 2020/03/13 22:07 by Satoshi Nakagawa