ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju188

古今著聞集 和歌第六

188 天暦の御時月次の御屏風の歌に擣衣の所に兼盛詠みていはく・・・

校訂本文

天暦の御時、月次(つきなみ)の御屏風の歌に、擣衣(きぬた)の所に兼盛1)詠みていはく、

  秋深き雲居(くもゐ)の雁の声すなり衣打つべき時や来ぬらん

紀時文、件(くだん)の色紙形を書く時、筆をおさへていはく、「衣打つを見て、『打つべき時や来ぬらん』と詠ずる如何(いかが)」。兼盛にやがて尋ねらるる2)ところに、申していはく、「貫之3)が延喜の御時、同じ御屏風に駒迎(こまむかへ)の所に、

  逢坂の関の清水に影見えて今や引くらむ望月(もちづき)の駒

と詠ず。この難ありや如何」。時文、口を閉づ。しかも時文は貫之が子にてかくなんそしりける。いといと浅かりけり4)

翻刻

天暦御時月次御屏風の哥に擣衣の所に兼盛詠て云
 秋深き雲井の雁のこゑすなり衣うつへきときやきぬらん
紀時文件色紙形をかくとき筆をおさへていはく衣うつを
みてうつへき時やきぬらんと詠する如何兼盛にやかて
たつらるる処に申ていはく貫之か延喜御時同御屏風に駒
迎の処に
 会坂の関の清水に影みえていまやひくらむもち月の駒
と詠す此難ありや如何時文口をとつしかも時文は貫之
か子にてかくなんそしりけるいといとあさかりける/s138r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/138

1)
平兼盛
2)
「尋ねらるる」は底本「たつらるる」。諸本により訂正。
3)
紀貫之
4)
「けり」は底本「ける」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju188.txt · 最終更新: 2020/03/11 19:09 by Satoshi Nakagawa