ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju180

古今著聞集 和歌第六

180 わが国の松浦佐夜姫といふは大伴狭手麿が女なり・・・

校訂本文

わが国の松浦佐夜姫(まつらさよひめ)といふは、大伴狭手麿1)が女(むすめ)なり。

夫(をとこ)、帝の御使(みつかひ)に唐へ渡るに、すでに船に乗りて行く時、その別れを惜しみて、高き山の峰に登りて、遥かに離れ行くを見るに、悲しみに耐へずして、領巾(ひれ)を脱ぎてまねく。見る者、涙を流しけり。

それより、この山を領巾麾(ひれふり)の峰といふ。この山は肥後国にあり。松浦明神とて今におはしますは、かの佐夜姫のなれると言ひ伝へたり。この山を松浦山といふ。磯をば松浦潟ともいふなり。

『万葉2)』にこの心の歌あり。

  遠つ人まつらさよひめ夫恋(つまご)ひにひれふりしより負へる山の名

翻刻

我国の松浦佐夜姫といふは大伴手麿か女也おとこ帝の
御使に唐へわたるにすてに船に乗て行とき其別を惜みて
たかき山の嶺にのほりてはるかにはなれゆくをみるにかな
しみにたへすして領巾をぬきてまねくみるもの涙を
なかしけりそれより此山を領巾麾のみねといふ此山は
肥後国にあり松浦明神とていまにおはしますはかの/s134l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/134

さよ姫のなれるといひつたへたりこの山を松浦山といふ磯
をは松浦かたともいふなり万葉に此心の哥あり
 とをつ人まつらさよひめつまこひにひれふりしよりをへる山の名/s135r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/135

1)
「狭手麿(さてまろ)」は底本「手麿」。諸本により訂正。
2)
万葉集


text/chomonju/s_chomonju180.txt · 最終更新: 2020/03/05 15:47 by Satoshi Nakagawa