ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju175

古今著聞集 和歌第六

175 同じ式部が娘小式部内侍この世ならずわづらひけり・・・

校訂本文

同じ式部1)が娘(むすめ)小式部内侍、この世ならずわづらひけり。かぎりになりて、人の顔なとも見知らぬほどになりて臥したりければ、和泉式部、傍らに添ひ居て、額(ひたひ)をおさへて泣きけるに、目をはつかに見上げて、母が顔をつくづくと見て、息の下に、

  いかにせむ行くべき方もおもほえず親に先立つ道を知らねば

と弱り果てたる声にて言ひければ、天井の上に、あくびさしてやあらんと覚ゆる声にて、「あらあはれ2)」と言ひてけり。さて、身のあたたかさも冷めて、よろしくなりてけり。

翻刻

同式部かむすめ小式部内侍この世ならすわつらひけり限に
なりて人のかほなとも見しらぬ程に成てふしたりけれは
和泉式部かたはらにそひゐてひたいをおさへて泣けるに
目をはつかに見あけて母か顔をつくつくとみていきのしたに/s129r
 いかにせむ行へきかたもおもほえす親にさきたつみちをしらねは
とよはりはてたるこゑにていひけれは天井のうへにあくひさし
てやあらんとおほゆるこゑにてあらはれといひてけりさて
身のあたたかさもさめてよろしくなりてけり/s129l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/129

1)
和泉式部。174参照。
2)
「あらあはれ」は底本「あらはれ」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju175.txt · 最終更新: 2020/03/03 23:34 by Satoshi Nakagawa