ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju172

古今著聞集 和歌第六

172 待賢門院の女房に加賀といふ歌詠みありけり・・・

校訂本文

待賢門院1)の女房に加賀2)といふ歌詠みありけり。

  かねてより思ひしことよ伏し柴のこるばかりなる歎きせんとは

といふ歌を年ごろ詠みて持ちたるを、「同じくは、さるべき人に言ひ契りて、忘られたらんに詠みたらば、集など入りたらん。おもても優(いう)なるべし」と思ひて、いかがしたりけん、花園の大臣(おとど)3)に申しそめてけり。思ひのごとくにやなりにけん、この歌を参らせたりければ、大臣いみじくあはれに思しけり。

さて、かひがひしく『千載集4)』に入りにけり。世の人、「伏し柴の加賀」とぞ言ひける。能因が振舞ひに似たりけるにや5)

翻刻

待賢門院の女房に加賀といふ哥よみありけり
 かねてより思しことよふし柴のこるはかりなるなけきせんとは
といふ哥をとし比よみて持たるをおなしくはさるへき人に
いひちきりてわすられたらんによみたらは集なと入たらん
おもても優なるへしと思ていかかしたりけん花園の/s127l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/127

おととに申そめてけりおもひのことくにやなりにけん此哥
をまいらせたりけれはおとといみしくあはれにおほしけりさて
かひかひしく千載集に入にけり世の人ふししはの加賀と
そいひける能因か振舞に似たりけるにや/s128r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/128

1)
鳥羽天皇皇后藤原璋子
2)
待賢門院加賀
3)
源有仁
4)
千載和歌集
5)
171参照。


text/chomonju/s_chomonju172.txt · 最終更新: 2020/03/02 13:47 by Satoshi Nakagawa