ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju170

古今著聞集 和歌第六

170 後三条院住吉社に臨幸ありける時に経信卿序代を奉られけり・・・

校訂本文

後三条院1)、住吉社2)に臨幸ありける時に、経信卿3)、序代を奉られけり。その歌にいはく、

  おきつ風吹きにけらしな住吉の松のしづえを洗ふ白波

当座の秀歌なりけり、かの卿のちに4)俊頼朝臣5)を呼びて言はれけるは、「『古今集6)』に入れる躬恒7)の歌に、

  住吉の松を秋風吹くからに声うちそふるおきつ白波

この歌、任大臣の大饗(だいきやう)せん日、わが所詠の澳津風(おきつかぜ)の歌、中門8)の内に入りて史生の饗につきなんや」と。俊頼いはく、「この仰せいかん。かの御歌またく劣るべからず。しかあれども、古今の歌たるによりて限りありて、まづ任大臣候はんに、御作は一の大納言にて、尊者として南階よりねり上りて、対座に居なんとこそ存じ候へ」と言ふ。帥のいはく、「さらばさもありなんや。いかがあるべき」とて、感気ありけり。

翻刻

後三条院住吉社に臨幸ありけるときに経信卿序代
をたてまつられけり其哥にいはく
 おきつかせふきにけらしな住吉の松のしつえをあらふ白浪
当座の秀哥なりけり彼卿ちに俊頼朝臣をよひて
いはれけるは古今集にいれる躬恒哥に
 住よしの松を秋風ふくからにこゑうちそふるおきつしら波
此哥任大臣の大饗せん日わか所詠の澳津風の哥中山
の内に入て史生の饗につきなんやと俊頼云この仰
如何彼御うたまたくおとるへからすしかあれとも古今の哥たる
によりてかきりありて先任大臣候はんに御作は一の大納
言にて尊者として南階よりねりのほりて対/s126l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/126

座に居なんとこそ存候へといふ帥のいはくさらはさもあり
なんやいかかあるへきとて感気ありけり/s127r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/127

1)
後三条天皇
2)
住吉大社
3)
源経信
4)
「のちに」は底本「の」なし。諸本により補う。
5)
源俊頼。経信の子。
6)
古今和歌集
7)
凡河内躬恒
8)
「中門」は底本「中山」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju170.txt · 最終更新: 2020/03/01 21:32 by Satoshi Nakagawa