ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju165

古今著聞集 和歌第六

165 嘉応二年十月九日道因法師人々を勧めて住吉社にて歌合しけるに・・・

校訂本文

嘉応二年十月九日、道因法師1)、人々を勧めて住吉社2)にて歌合しけるに、後徳大寺左大臣3)、前大納言にておはしけるが、この歌を詠み給ふとて、「社頭の月」といふことを、

  古(ふ)りにける松もの言はば問ひてまし昔もかくや住江(すみのえ)の月

かくなむ詠み給ひけるを、判者俊成卿4)ことに感じけり。

余(よ)の人々も讃めののしりける5)ほどに、そのころ、かの家領、筑紫瀬高荘の年貢積みたりける船、摂津国を入らんとしける時、悪風にあひて、すでに入海せんとしける時、いづくよりか来たりけん、翁一人出で来て、漕ぎ直して別事なかりけり。船人、怪しみ思ふほどに、翁の言ひけるは、「『『松もの言はば』の御句のおもしろうして、この辺に住み侍る翁の参りつる』と申せ」と言ひて失せにけり。

住吉大明神の、かの歌を感ぜさせ給ひて、御体(ぎよたい)をあらはし給ひけるにや。不思議にあらたなることかな。

翻刻

嘉応二年十月九日道因法し人々をすすめて住吉社/s122l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/122

にて謌合しけるに後徳大寺左大臣前大納言にておはし
けるか此哥をよみたまふとて社頭月といふことを
 ふりにける松ものいはは問てましむかしもかくや住江の月
かくなむよみ給けるを判者俊成卿ことに感しけりよの
人々もほめしりける程に其比彼家領筑紫瀬高庄の年
貢つみたりける船摂津国をいらんとしける時悪風にあひ
てすてに入海せんとしけるときいつくよりかきたりけん翁一
人いてきてこきなをして別事なかりけり船人あやしみ
思ふ程に翁のいひけるは松ものいははの御句のおもしろうして
此辺にすみ侍翁のまいりつると申せといひてうせにけり
住吉大明神の彼哥を感せさせたまひて御体をあらはし/s123r
たまひけるにやふしきにあらたなる事かな/s123l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/123

1)
藤原敦頼
2)
住吉大社
3)
藤原実定
4)
藤原俊成
5)
「ののしりける」は底本「しりける」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju165.txt · 最終更新: 2020/02/29 11:44 by Satoshi Nakagawa