ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju155

古今著聞集 和歌第六

155 久寿元年二月十五日法皇美福門院御同車にて・・・

校訂本文

久寿元年二月十五日、法皇1)、美福門院2)御同車にて、鳥羽の東殿より勝光明院へ御幸ありて、庭の桜を御覧ぜられけり。まづ阿弥陀講を修せられける。

法皇、少納言入道信西3)を御使にて、御歌を内大臣4)・新大納言5)等に賜はせけり。檀紙に書きて、桜の枝に付けられたり。

内府に賜はせける御歌、

  心あらば匂ひをそへよ桜花(さくらばな)後の春をばいつか見るべき

大納言に賜はせける御歌、6)

おのおの御返しを詠みて、もとの枝に付けて奉りける。

内府、

  心ありて咲くてふ宿の花なれば末はるばると君のみぞ見む

大納言、

  君が世の末はるばるに桜花匂はんことも限りあらじな

大相国7)、このことを聞き給ひて、二首を法皇に奉り給ひける、

  桜花千束(ちづか)の数を数ふれば数も知られぬ後の春かな

  限りありて常ならぬ世の花のみは千年(ちとせ)の後や西になるべき

翻刻

久寿元年二月十五日法皇美福門院御同車にて
鳥羽の東殿より勝光明院へ御幸ありて庭の桜を御
らんせられけり先阿弥陀講を修せられける法皇少納言
入道信西を御使にて御哥を内大臣新大納言等にた
まはせけり檀紙に書て桜の枝に付られたり内府に
たまはせける御哥
 心あらはにほひをそへよ桜花のちの春をはいつかみるへき
大納言にたまはせける御哥
各御返しをよみてもとの枝につけてたてまつりける内府/s118l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/118

 心ありてさくてふやとの花なれは末はるはると君のみそみむ
大納言
 君か世の末はるはるに桜花にほはんこともかきりあらしな
大相国このことをきき給て二首を法皇にたてまつ
りたまひける
 さくら花ちつかのかすをかそふれは数もしられぬ後の春かな
 かきりありてつねならぬ世の花のみは千年の後や西に成へき/s119r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/119

1)
鳥羽法皇
2)
藤原得子
3)
藤原通憲
4)
藤原実能
5)
藤原公教
6)
諸本、歌なし。
7)
藤原実行


text/chomonju/s_chomonju155.txt · 最終更新: 2020/02/25 13:46 by Satoshi Nakagawa