ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju154

古今著聞集 和歌第六

154 天永元年斎宮の群行ありけるに・・・

校訂本文

天永元年、斎宮1)の群行(ぐんかう)ありけるに、八条太政大臣2)、権右大弁にて下られたりけるが、帰り上るとて斎宮に参りて、日ごろつかふまつりつる御名残など、「もし運侍らば、公卿勅使にてまた参ることも侍りなん」と申して、上り給ひけり。

さるほどに、その次の年正月二十三日に、蔵人頭に補して、永久三年四月二十八日に参議に上り給ひにけり。保安三年十二月六日参議右衛門督にて、勅使承りて下り給ひけるが、斎宮へも参らで上られければ、宮3)よりつかはしける、

  昔せしあらましごとの変らぬを嬉しと見えば言はましものを

御返し、

  伊勢の海塩干(しほひ)の方へ4)急ぐ身を恨みなはてそ末もはるけし

翻刻

天永元年斎宮群行ありけるに八条太政大臣権右
大弁にてくたられたりけるか帰のほるとて斎宮にまいり
て日来つかふまつりつる御名残なともし運侍らは公卿
勅使にて又まいる事も侍なんと申てのほり給けり
さる程に其次のとし正月廿三日に蔵人頭に補して
永久三年四月廿八日に参議にのほり給にけり保
安三年十二月六日参議右衛門督にて勅使うけたま
はりて下給けるか斎宮へもまいらてのほられけれは宮より遣ける
 昔せしあらましことのかはらぬをうれしとみえはいはましものを/s118r
御返し
 いせのうみ塩干のいそく身を恨なはてそすゑもはるけし/s118l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/118

1)
白河天皇皇女恂子内親王
2)
藤原実行
3)
斎宮
4)
底本「方へ」なし。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju154.txt · 最終更新: 2020/02/24 17:38 by Satoshi Nakagawa