ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju152

古今著聞集 和歌第六

152 基俊城外しけることありけり・・・

校訂本文

基俊1)、城外しけることありけり。道に堂のあるに、椋(むく)2)の木あり。その木に六歳ばかりなる小童登りて、椋を取りて食ひけるに、「ここをば何といふぞ」と尋ねければ、「やしろ堂と申す」と答へけるを聞きて、基俊、何となく口ずさみに、童に向かひて、

  この堂は神か仏かおぼつかな

と言ひたりければ、この童、うち聞きて、とりもあへず、

  ほふしみこにぞ問ふべかりける

と言へりけり。

基俊、あさましく不思議に覚えて、「この童はただ者にはあらず」とぞ言ひける。

翻刻

基俊城外しける事ありけり道に堂のあるにむく(椋)の
木あり其木に六歳はかりなる小童のほりてむくを
とりてくいけるにここをはなにといふそと尋けれはやしろ
堂と申とこたへけるをききて基俊なにとなくくち
すさみに童にむかひて/s117r
 この堂は神か仏かおほつかな
といひたりけれは此童うちききてとりもあへす
 ほうしみこにそとふへかりける
といへりけり基俊あさましくふしきに覚てこの
童はたた物にはあらすとそいひける/s117l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/117

1)
藤原基俊
2)
底本「むく」に「椋」と傍書。


text/chomonju/s_chomonju152.txt · 最終更新: 2020/02/24 15:25 by Satoshi Nakagawa