ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju143

古今著聞集 和歌第六

143 嵯峨天皇玄賓上人の徳を尊び給ひて僧都になし給ひける・・・

校訂本文

嵯峨天皇、玄賓上人の徳を尊び給ひて、僧都になし給ひける。玄賓、位記を木の枝にさしはさみて、和歌を書き付けて失せにけり。

  外(と)つ国は水茎清しことしげき天(あめ)の下(した)にはすまぬまされり1)

さて、伯耆国に住み侍りけり。

天皇、叡感(えいかん)ありて、勅を下して施物ありけり。受け取りけるにや、おぼつかなし。

翻刻

嵯峨天皇玄賓上人の徳をたうとひ給て僧都に
なしたまひける玄賓位記を木の枝にさしはさみて/s111l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/111

和歌を書付てうせにけり
 外つ国は水茎きよしことしけきあめのしたにはすまぬまされつ
さて伯耆国に住侍けり天皇叡感ありて勅をくたして
施物ありけりうけとりけるにやおほつかなし/s112r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/112

1)
「まされり」は底本「まされつ」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju143.txt · 最終更新: 2020/02/21 12:39 by Satoshi Nakagawa