ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju141

古今著聞集 文学第五

141 天暦の御時橘直幹が民部大輔を望み申しける申文を・・・

校訂本文

天暦の御時、橘直幹が民部大輔を望み申しける申文を、草をばみづから書きて、小野道風に清書せさせけり。御門1)、叡覧ありければ、「依人而異事。雖似偏頗代天而授官。誠懸運命。(人に依りて事を異にす。偏頗に似たりといへども天に代りて官を授く。誠に運命に懸る。)」など、述懐の言葉を書きすぐせるによりて、御気色悪しかりけり。

人、これを恐れ思ふところに、その後、内裏の焼亡(ぜうまう)ありて、にはかに中院へ御幸(みゆき)せさせ給ひけるに、代々の御わたりもの、御倚子(ごいし)・時簡(ときのふだ)・玄象(げんじやう)・鈴鹿、以下持(も)て参りたるを御覧じて、「直幹が申文は取り出でたるや」と御尋ねありける、時の人、いみじきことにぞ申しける。

翻刻

天暦御時橘直幹か民部大輔をのそみ申ける申
文を草をはみつからかきて小野道風に清書せさせ
けり御門叡覧ありけれは
 依人而異事雖似偏頗代天而授官誠懸運命
なと述懐の詞をかきすくせるによりて御け色あし
かりけり人これをおそれおもふ処に其後内裏焼亡あり
て俄に中院へ御ゆきせさせ給けるに代々の御わたり
もの御倚子時簡玄象鈴鹿以下もてまいりたるを
御覧して直幹か申文はとりいてたるやと御尋ありける
時の人いみしき事にそ申ける/s105r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/105

1)
村上天皇


text/chomonju/s_chomonju141.txt · 最終更新: 2020/02/20 21:23 by Satoshi Nakagawa