ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju138

古今著聞集 文学第五

138 後江相公の澄朝におくれて後後世をとぶらはれける願文に・・・

校訂本文

後江相公1)の澄朝2)におくれて後、後世をとぶらはれける願文に、

 悲之亦悲莫悲於老後子 悲しみのまた悲しきは老いて子に後るるより悲しきはなし

 恨而更恨莫恨於少先親 恨みて更に恨めしきは少くして親に先だつより恨めしきはなし

と書けるこそ、「前後相違の恨み、げにさこそは」と、さりがたくあはれに覚ゆれ。

翻刻

後(玉淵)江相(朝綱)公の澄朝(澄明如此歟)にをくれて後後世をとふらはれける
願文に         (アキヲ)    (然志明歟)
 悲之亦悲莫悲於老後子恨而更恨莫恨於少先親
とかけるこそ前後相違の恨けにさこそはとさりかたくあ
はれにおほゆれ/s103l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/103

1)
大江朝綱。底本、「後」に「玉淵」、「江相」に「朝綱」と傍書。玉淵は朝綱の父。
2)
正しくは澄明で大江澄明。底本「澄明如此歟」と傍書。


text/chomonju/s_chomonju138.txt · 最終更新: 2020/02/19 22:21 by Satoshi Nakagawa